【デメリットあり】民間企業でもコワーキングスペースは使うの?

なんしよーと!KYONです。

サテライトオフィスというと、=コワーキングスペース

=個人事業をやられている方々が場所を選ばずに働く場所のイメージが強いと

思いますが、近年は僕が所属する民間企業でも積極的にサテライトオフィス

=コワーキングスペース利用に取り組んでおります。

先日の東京出張でも営業の隙間時間で利用してきたので、

簡単にサテライトオフィスのメリット・デメリットを纏めてみました。

サテライトオフィス利用メリット

●カフェ利用の飲み物代が節約

●インターネットがサクサクなので、仕事がはかどる

●気を遣わずに充電ができる

●そして電話ができる

サテライトオフィス利用デメリット

●書類処理業務ができない

●オフィスによっては微妙な設備がある

メリット

●カフェ利用の飲み物代が節約

⇒出張や外出が多いと、どうしても思いもよらない隙間時間が発生します。

顧客事情や話がそこまで盛り上がらなかったなどw

そんなとき、30分~1時間時間が空くと、安くあがるカフェなどに

滞在するケースも少なくないかと思います。(個人的にドトールがお気に入り)

サテライトオフィスは約7割程度が無料ドリンク(集客目的)が飲めたりするので、

お財布にも優しく快適に過ごすこともでき、大変お得です。(僕の経験上)

●インターネットがサクサクなので、仕事がはかどる

サテライトオフィスは普段いるオフィスと同じ水準の通信環境を

提供することが絶対条件なので、インターネット設備はしっかりしている

場所が多いです。毎利用時にインターネット速度を測定しておりますが、

平均30~80Mbpsでサクサク利用ができております。

●気を遣わずに充電ができる

⇒カフェ利用だと、どうしても充電したい時(※パワーバンクを忘れたときetc)に

カフェスタッフさんにお伺いを立てて、充電させてもらうことがあります。

サテライトオフィスだと、そんな余計な気を遣わずにフル充電MAX満太郎が

できるので、完全にストレスフリーです。

●そして電話ができる

⇒先日、新宿で利用したサテライトオフィスでは電話ブースが4つもありました。

営業マンに多い、取引先との急な電話対応も心配いりません。

https://www.newwork109.com/post/store/570

加えて、最近はWEB会議利用も増えているので、

サテライトオフィス(電話ブース)から接続できると余計な気遣いをせず

スムーズにコミュニケーションが取れて超楽です。

デメリット

●書類処理業務ができない

⇒まだまだIT企業といえど、アナログな部分が残ってます。

申込書、解約書などどうしてもオフィスに戻らないと処理が進みません。

会社事情なので、会社の上席にはデジタル化できないか交渉しております。

●オフィスによっては微妙な設備がある

⇒事前にリサーチをしないと、オフィスによっては狭かったり、満席だったりします。

事前に・席数・ドリンク有無・電話ブース有無・最寄り駅からのアクセス

くらいはリサーチしていくと、スムーズに業務ができるかと思います。

外出・出張の多い営業マンのみなさんも参考にしていただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です