【海外就職】シンガポールVSマレーシア~就職するならどっち?~

なんしよーと!KYONです。

現在、海外に留学中・日本企業に勤務中・大学生の方で

海外就職について興味を持っている方は多いんじゃないでしょうか?

f:id:kyosuk:20191101085211p:plain

日本は今年消費増税社会保険料UPなどのサラリーマンには厳しい

条件が整い、今後超高齢社会も進み、更に厳しい状況になります。

加えて、日本企業の平均給与はこの30年間下がり続けている経済停滞状況です。

正直にいって国の成長という意味で先が全くみえない状況で

最近は毎日の満員電車通勤もストレスが溜まるばかりでつらい。。

東京2020オリンピック、大阪2025万博までは一時的に伸びると思います。

(ちなみに今勤めている会社は周囲のみなさんには恵まれていて、

営業マンとして日々様々な学びもあるので、満足はしてるんです。)

上記の理由から、僕も来年秋くらいから海外就職に挑戦する予定です。

先日の僕の誕生日に彼女にもこの意向を報告しました👍👍

僕は大学時代に東南アジアに留学していた経験があり南国が大好きなため、

シンガポールもしくはマレーシアで海外就職を狙っております。

まずは情報収集のため、先日のプライベート旅行の合間をぬって、

現地で就職されている日本人のエージェントの方に会ってきました。

そこで得た情報を『シンガポールVSマレーシア~就職するならどっち?~』

と題して、みなさんにお届けしていこうと思います。

僕はIT企業での勤務を目標にしておりますが、今回は業界問わず纏めていきます。

【海外就職】シンガポールVSマレーシア

   給与 生活コスト 治安 旅行 合計
シンガポール 4 2 5 2 3 16
マレーシア 2 5 3 5 5 20

結論から申し上げますと、僅差でマレーシアの勝利です。

(あくまで僕の主観となっておりますので、ご了承ください!!!)

各項目の点数の理由は下記となります。(S=シンガポール、M=マレーシア)

—————————————————————————————————

給与

S 月給3,600SGD(約28万5,000円)が最低ライン

M 月給5,000RM(約13万円)が最低ライン

生活コスト

S 日本以上 (家賃くそ高い)

M 日本の3分の1 (家賃くそ安い)

治安

S 世界随一の安全な国

M 都市は安全だが、郊外は危ないケースもある

旅行

S 国内に観光スポットがない

M 国内に観光スポット多数あり、LCCキング↓で東南アジア各国へ安く行ける

S 食文化が豊富だが、安くはない

M 食文化が豊富なうえに安い

—————————————————————————————————

以上の理由から、僅差でマレーシア勝利となりましたが、

僕はまだ採用が決まっているわけではないので、

来春までにこの2国を吟味しながら、引き続きリサーチ進めていきます。

(現時点ではシンガポール2社よりオファー頂いております📓)

最終的にどちらの選択をするにせよ年中南国で暮らしながら、

仕事ができることは幸せなことに違いないはずです。(目指せストレスフリー)

今後も海外就職に向けて、収穫した情報を発信していきます。

次回はもう少しかみ砕いた・深堀した内容にいたします。

海外就職を検討されているみなさんの参考になれば幸いです。

既に海外就職をされている方はアドバイスいただけますと嬉しいです👍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です