出張時の新幹線移動で無料Wi-Fiを利用していますか?

なんしよーと!KYONです。

本日は僕も出張時によく利用する新幹線の便利なツールの情報共有です。

出張時はどうしてもPC・スマートフォン・その他機器・機器アダプターなど

荷物かさばる問題を抱えている営業マンは多いのではないでしょうか?

特にモバイルWi-Fiスマホよりサイズが大きく、重量である上に

セットで充電アダプターが必要なため、荷物としては中々にかさばります。

今回は遠方移動の際はそんなモバイルWi-Fiを事務所に置いて、

新幹線無料Wi-Fiサービスをどんどん活用しようというお話です。

実は日経(下記)のリリースにもあるように、JR東海、西日本、九州は

2018年7月25日から訪日外国人客を含めた乗客の利便性向上を目的に

新幹線無料Wi-Fiサービスを始めました。めちゃめちゃ便利💡💡💡

f:id:kyosuk:20191101200831p:plain

サービス開始当初は一部車両のみでしか対応がありませんでしたが、

東京2020オリンピックに向けて、現在はほとんどの車両で利用可能になりました。

(大阪転勤になってから使えない車両は一度もみたことがありません。)

 肝心のインターネット速度はざっくり上り下り平均20Mbps程度は出ているので、

お仕事を進める上では大きな問題はないレベルです。(※トンネルや満席時は遅くなる。)

ちなみに新幹線で移動中に無料Wi-Fiを利用したことがない

みなさんのために無料Wi-Fiの目印ロゴは下記です!!!

現行の新幹線はほとんどの確率で各車両にこのロゴシールが貼っております。

出張や旅行中に一度は見たことがあるのではないでしょうか?

このシールが貼ってあれば、必ずインターネットに接続できます。

(PCからはChrome接続ができないため、explorerで接続します。)

最後に1点だけインターネット利用に際しての注意点があります。

それは利用時間は1回30分と制限があることです。(利用規約に記載あり。)

ログインし30分経過すると、自動的にセッションが切れるため再度接続要。

クラウド上で何かしらを作成中の場合は、データが消えてしまう可能性があるので

頭の片隅に入れておくか、都度データを上書き保存することをお勧めいたします。

(もちろん、僕も上記を知らずにリライトした経験があります。)

営業マンのみなさんもモバイルバッテリーセットを事務所に置いて、

新幹線Wi-Fiを活用し、一緒にミニマリストを目指しませんか?

ちなみに新幹線座席は事前にスマートEXで窓側をおさえることをお勧めします。

外の景色をみれるだけでなく、常に充電ができるVIP席です👍👍

Bose SoundWear Companion speaker ウェアラブルネックスピーカー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です