個人間カーシェアリングのAnyca(エニカ)とは?料金など

なんしよーと!KYONです。

本日は日本で人気の高いカーシェアリングサービス

Anyca(エニカ)についてご紹介いたします。

所有車離れがこれから急速に進んでいきますので、

個人的にカーシェアリングサービスは

日本でどんどん伸びていく産業だと考えております。

f:id:kyosuk:20191106144523p:plain

カーシェアリングサービスは自動車に特化した共有経済型サービスで

昨日ご紹介したシェアリングエコノミーの仲間でございます。

Anyca(エニカ)とは?

DeNAが2015年から運営している個人カーシェアリングサービスのことです。

個人が所有している車を登録し、自分の都合の良い時間帯に

希望する利用者に貸出をすることができます。

東京などの主要都市を中心に観光地などでも流行しているサービスです。

Anycaの利用者メリット

■レンタカーよりも安く借りられる可能性が高い

■好きな車を選んで乗ることができる

■受取場所を交渉可能

①レンタカーよりも安く借りられる

メリット1つ目はレンタカーよりも安く借りれる可能性が高いことです。

レンタカーは基本的に24時間9,800円程度で利用することができ、

エニカも新車を選ぶと、ほぼ同額レベルで利用することができます。

しかし、エニカは古い式の車だと24時間3,000円などで利用することができたり、

オーナーの設定価格で新車でもリーズナブルな料金で利用できることが多いです。

僕の場合、以前にほぼ新車のメルセデスベンツを24時間9,800円で利用できました。

3人で利用したので、約3,000円/人でリッチな気分で旅の移動を満喫できました。

②好きな車を選んで乗ることができる

2つ目は自分の好きな車を選ぶことができることです。

昔から憧れだったドリームカーに乗りたい、恋人との大事なデートに使いたいなど

様々なシーンに合わせて、インターネット上で好きな車を選ぶことができます。

新車レクサスが24時間7,500円で掲載があったのを以前にみたことがあります。

③受取場所を交渉可能

3つ目は受取場所を交渉できることです。

レンタカーは営業所などで車の受け渡しをしますが、

エニカでは事前にインターネット上で待ち合わせ場所を選べます。

オーナーと利用者間の交渉次第で場所も選べるなんて自由度が高い👍

Anycaのオーナーメリット

 副収入ができる

オーナーのメリットは言わずもがな、副収入ができることです。

車の初回登録時に

・車の購入金額

・車の購入時走行距離

・車の維持費

の3点を入力することで利用料金の上限が設定されます。

この上限料金を元にオーナーは利用料金を設定することができます。

ちなみにプラットフォーム手数料として、

毎利用料金のうち10%はDeNAに支払いをいたします。

オーナーは不当に高い料金を設定できないようになっているので、

車を使わない時間がもったいないから、誰かに使ってもらってお小遣いが入るし、

ラッキーくらいの軽い気持ちで登録するのが良さそうです。

正直なところ、副業としてがっつり稼ぐ感じではないと思います。

最後に

エニカはオーナーも利用者も気軽に車の貸し借りができる便利なサービスです。

日本では未だにカーシェアリングサービスが普及していないこともあり、

はじめは登録自体に不安を覚えるかもしれませんが、使ってみると意外と安心です。

まずは自分の居住地周辺にどのような車が登録があるのか探してみて、

使ってみたい車と機会がマッチした時に利用してみることをお勧めいたします。

もしかすると、憧れのドリームカーとの出逢いが実現するかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です