【海外就職】シンガポール現地採用20代後半の給料相場は?

なんしよーと!KYONです。

シンガポール現地採用の初面接まで半年きりましたので、

本日はシンガポール現地採用の給料事情についてお伝えしていきます。

(今回は僕と同じ20代後半のみなさんを対象にお話しします。)

f:id:kyosuk:20191125193405j:plain

これから海を渡って行く身分としては、情報収集が非常に重要です。

南国でホームレスにならないために正確な情報を発信していきます。

現在の僕のスペック

年齢    27歳

社会人歴  3年

業界    IT企業、サービス業

ポジション 営業マン(平)

年収    550万~600万

英語力   845点(TOEIC IPテスト)

詳しくはこちらにも記しております。

シンガポールの外国人(現地)採用は卒業大学年齢キーとなります。

したがって、給料も上記を掛け合わせた金額となります。

先日の記事でご紹介しました通り、僕は現在EP(Employment Pass)

取得を狙っておりますので、上記2つが非常に重要になります。

EPについては、下記をご参照ください。

シンガポールEPの発行基準は年々厳しくなっていると言われており、

厳格化に伴い、給料は上昇傾向にございます。

(シンガポールに優秀な外国人を誘致し、値する給料を配分する方向性) 

僕は優秀ではないのですが、、、(汗)シンガポール政府が

就労ビザ基準を更に厳しくする前に職をゲットしたいと考えております(笑)

バレずに駆け込む戦法です!!入社したら、もちろん会社に貢献します!

さてさてみなさん気になる給料相場ですが、、、

シンガポール現地採用の給料相場(EP取得で20代後半の場合)

月給 3,600~6,000SGD(約28万8千円~48万円)

ちなみに僕たちと同世代ローカルのシンガポール人の月給は

2,500~3,000SGD(約20万円~24万円)くらいです。

ローカルより外国人の方が給料が高いケースが多いようです。

ローカルの場合は給料の3分の1を年金に持っていかれますので、

更に手取りが少なく感じるかもしれません。

外国人は幸いにも、額面のほぼ100%が手取りとなります。

先日、シンガポールで人材紹介会社の担当者と会ったのですが、

僕の場合は最低月給4,050SGD(約32万4千円)という評価結果でした。

(僕の最終学歴は関西有名私大卒業です。)

したがって、旧帝大・国公立・早慶出身者は更に月給が上がります。

あくまで最低月給ですので、ここから先は交渉・実力次第となります。

最後に

シンガポールはアジア有数のリッチな国で外国人の

現地就職のハードルが高いイメージがありますが、

調べれば調べるほど意外とそんなことないようです。

とはいえ、入社してからは業界での経験やスキルが

そのまま給与に反映されるため、簡単な世界ではありません。

僕の場合は、

・温暖な国で生活したい(年中半そで短パン)

・ビジネス英語・国際的なキャリアを伸ばしたい

・同世代の若者に新しい働き方を発信したい

という意志の元、転職活動をしております。

来年の今頃は笑って生活できているように、

上記3つをしっかりと実現できているように、

引き続き念入りにリサーチを進めていきたいと思います。

応援よろしくお願いします(__)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です