【海外移住】20代後半の僕が南国に移住しようと思ったきっかけは?

なんしよーと!

現在、シンガポールorマレーシアの

現地就職準備中のKYONです。

早ければ、来年の7月には上記いずれかの国で働いている予定です。

(まだ上司に相談すらしていないのが、一番の問題ですが。。)

今回の記事では、僕が海外現地就職を意思決定した背景のお話、

南国移住を決めたきっかけについてお伝えしていきます。

f:id:kyosuk:20191201180552j:plain

僕が来年からの南国移住(シンガポールorマレーシア)を決めた理由はこちらです。

■幸福度が高くなる

ミニマリストで生きていける

■ビーチが好き

①幸福度が高くなる

現在の僕はとある日本企業に勤めているのですが、幸福度が割と低めと感じています。

・毎日の満員電車・職場の活気のなさが主な原因です。

憧れの企業に入社したはずが、ワクワクすることが意外と少なく、

最近はモチベーション低く働いてしまっています。

とはいえ、もちろん学ぶ・成長する機会もたくさんあります。

学生時代にシンガポール・マレーシアに住んでいた時は、

ストレスフリーだったのか、全く肌荒れがなかったのですが、

社会人になってからは必ず肌荒れに見舞われます。(一部、四季変化のせい)

南国生活は気候も人も陽気なので、楽しく生きていける気しかしません。

ミニマリストで生きていける

南国に住むと、年中温暖なためミニマリストで生きていけます。

・衣服は夏用最低限

・衣服はすぐ乾く

・周りのファッションがダサいので、服に気を遣わなくてよい

極論、半袖半パン・PC・パスポートがあれば何とかなります。

学生時代の僕がそんな感じで過ごしておりました。

③ビーチが好き

南国に住むと、年中温暖なため年中ビーチに行けます。

僕自身は泳げないし、サーフィンもできないのですが、

ビーチで読書したり、お酒飲んだりが何よりも至福の時間です。

南国(僕の場合はシンガポール・マレーシア)に住むと、

プールや近隣にビーチリゾートがたくさんあるため、

年中至福の時間を過ごすことができること、確定です。

東南アジアのLCCキング『AirAsia(エアーアジア)』も控えてます。 

最後に

南国移住することのメリットは数えきれないほどありますが、

心身論を述べると、ざっくり下記だと思っています。

精神的なストレスフリー(気遣いが減る、インターネット普及によるボーダレス化)

身体的なストレスフリー(温暖、荷物少ない、運動機会が増える)

世界中にはたくさんの南国がありますが、その中で

僕がシンガポール、マレーシアの2国にこだわるのは、

・日本からの距離・住みやすさにあります。

日本から飛行機で約6~7時間程度で行けて、

アジア人が多くを占めるので、居心地が最高です。

f:id:kyosuk:20191201180616j:plain

僕と同じように南国移住を検討されている皆さん、

既に南国移住された皆さんと意見交換できれば幸いです。

良かったら、気軽にコメントもお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です