【海外移住】【海外就職】シンガポールの民間保険に加入すべき理由は?

なんしよーと!KYONです。

先日の記事でご紹介した通り、シンガポールに移住する際に、

日本の住民票を転出するかしないかは個人で判断することになります。

日本の住民票を転出すると、日本に住んでいないこととなり、

もちろん住民税や国民健康保険料を納める必要がなくなります。

つまり、海外現地採用や個人事情での海外移住の場合は

万が一のケガ・病気のために民間保険、海外旅行者保険に

加入するほうがベターという結論になります。

今回の記事では

シンガポール移住を検討されているみなさん向けに

シンガポールの保険制度

シンガポールの医療制度

についてお伝えしていければと思います。

「保険 キャラクター」の画像検索結果

シンガポールの保険制度は?

シンガポールには日本のような国民医療保険がないため、

シンガポール国民の場合は国営年金制度(CPF)に加入し、

積立をした年金分から医療費を充当する形になります。

しかし、ほとんどのシンガポール国民が国営年金制度(CPF)が積立金からの

切り崩しがイヤで、結局個人で民間保険に加入するケースが多いようです。

上記と同様に、外国人でもシンガポールの民間保険に加入できます。

(当然、外国人は国営年金制度(CPF)には加入できないため、

逆に言うと、民間の医療保険に加入しておいた方がいいです。)

シンガポール就労ビザEPを取得していれば、

シンガポールで保険の購入できたり、今後の個人の

ライフプランに応じた保険を選ぶことができます。

ちなみに就労ビザは主に2種類あります。下記を参照ください。

通常のケガ・病気を保障してくれるだけの保険ではなく、

投資型・貯蓄型保険などの積立金が増えていくような

保険商品も多くあり、理解に苦しむ場合も多いようなので、

事前に民間保険会社に相談してみるのがお勧めです。

また最近ですと、クレジットカードに元々付帯している

海外旅行者保険や移動時に交通費をカードで精算すると、

保険が適用されるケースもあるので、一度ご自身がお持ちの

クレジット―カードの提供条件を確認してみるのもお勧めです。

シンガポールの医療制度は?

シンガポールの医療は技術・設備共に世界トップクラスです。

加えて、日本人医師が常駐する日系病院も多くあるため、

日本と同等、もしくはそれ以上の診察を受けることができます。

一方でシンガポールでは一般的に多くの病院で病院側が

独自に料金を設定する自由医療制度を取り入れております。

そのため、シンガポールの公立病院・私立病院の間で

あるいは医師によって大幅に料金が異なります。

とはいえ、シンガポールで生活する上で

病院を利用することは不可欠になりますので、

予め医療制度を把握しておき、必要に応じ、

民間保険に加入しておくことをお勧めします。

最後に

シンガポールは自由医療制度を導入しているため、

日本よりも高額支払いを行うケースが多いです。

個人的にはシンガポールの高額医療費に対応するため、

民間保険に加入することを強くお勧めいたします。

また、シンガポールには民間保険や外資系保険など

多くの保険会社が存在しております。

加えて、一般の保険から投資系保険まで幅広く

多くの商品がありますので、内容を理解するのに手間がかかります。

シンガポール移住を予定されているみなさんは

お早めにリサーチを始め、気になる商品があれば、都度

各民間保険会社にお問い合わせするのをお勧めします。

僕も年明け早々にリサーチを始めていきますので、

後日お勧めの商品があればご紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です