シンガポールへの持ち込み禁止物とは?(罰金あり)

なんしよーと!KYONです。

シンガポールでは様々な厳しいルールがあり、

ルール違反すると罰金を払うことは有名な話です。

ルールに厳しい国シンガポールを作り上げたのは、

ゆうまでもなく建国者のリークアンユー元首相です。 

シンガポールは過去にイギリスや日本に統治・占領された

経験から、建国時に独自のルールを形成してきました。

観光客が多いシンガポールでは未だにルールを知らないまま、

外国人が禁止物を持ち込み、高額な罰金を払うケースも少なくありません。

旅行先の南国で嫌な気持ちにならないために、今回の記事では

シンガポールへの持ち込み禁止物についてお伝えします。

シンガポールへの持ち込み禁止物は?

■チューインガム

電子タバコ

■麻薬

■武器

■アダルト系の書籍、DVD

 ■コピー商品

麻薬・武器などは持ち込めない国が多いのは当然ですが、

チューインガム・電子タバコは気をつけたほうがよさそうです。

外国人からすると違和感ですが、チューインガム・電子タバコ

シンガポール国内での輸入・販売することは禁止されています。

紙タバコは未だに販売されていますが、日本と同様に

近年喫煙所が激減しておりますので、いずれ禁止になるかと思います。

今後、紙タバコが更なる課税対象になることは間違いありません。

シンガポールへの持ち込みで制限がかかるものは?

■牛肉・豚肉

■加工食品

■医薬品

■通貨

日本から旅行・移住するとなると、つい持ち込みがちなのが

日本食の帝王【カップヌードル】【味噌汁】【レトルトカレー

などの加工食品です。うっかりと持ち込みがちですが、

加工食品は50ドルまでという制限がありますので、気を付けましょう!

通貨は3万シンガポールドルを超えて持ち込むことができません。

上記は今のレートで約24万円ですが、旅行であれば普通の人は

そんな大金を持ち込むことがないと思うので、問題ないと思います。

カジノ好きなお金持ちのみなさんは気を付けたほうが良さそうです。

最後に

シンガポールへの持ち込み禁止物、制限がかかるものは

他国と比較しても圧倒的に厳しいルールとなってます。

せっかくシンガポールへ旅行するのに現地で訳分からずに

警察に注意されて、高い罰金を払うのは心地が悪いですよね。。

麻薬や武器に関しては、普段から接することがないので、

心配する必要がありませんが、チューインガムに関しては、

ほとんどのみなさんが無意識に購入し、噛みがちですよね。

シンガポールへ旅行されるみなさんは事前に持ち込み禁止物

を確認の上、シンガポール滞在をお楽しみください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です