海外でAmazonプライムを利用する3つのデメリットを暴露!

Amazonプライムの写真
海外在住者
Amazonプライム会員なのに、海外にきてからあまりサービスを利用できていない。会費がもったいない気がする。

本日はこんな疑問に答えていきます。

海外でAmazonプライムを利用するデメリット3選

悲しみの写真

海外でAmazonプライムを利用するデメリットは以下の通りです。

  1. Amazonプライム配送特典が利用できない
  2. 会員であることを忘れて、会費を払い続けてしまう
  3. 日本以上に固定費がかかる

 

1. Amazonプライム配送特典が利用できない

日本に住んでいる場合、Amazonのお届けサービス【お急ぎ便】を利用することができます。【お急ぎ便】とは、注文した商品が当日または翌日に届くという便利なサービスです。できる限り早く商品を手にしたいときは、とてもありがたいサービスです。海外の多くの国、地域では、このお急ぎ便を利用することができません

2. 会員であることを忘れて、会費を払い続けてしまう

海外に住んでいると、上記のお急ぎ便などを使う機会が激減し、自分がAmazonプライム会員であることを忘れてしまう傾向にあります。過去にお得そうだからクレジットカードに登録してみたけど、恩恵を受けずにダラダラと会費だけ払っているアレと同じ状況ですね。

3. 日本以上に固定費がかかる

海外でAmazonプライムを利用する場合、利用できるサービスが限定的になります。後ほど詳しく解説しますが、その限定的なサービスがAmazonプライムビデオとなります。Amazonプライムビデオを利用する場合、セキュリティの観点から有料のVPN接続サービス導入を推奨しています。有料のVPN接続サービスの月額料金が1,000円(税抜)となりますので、固定費が3倍かかります。

海外でAmazonプライムを利用するメリット【Amazonプライムビデオ】

興奮の写真

海外でAmazonプライムビデオを利用するメリットは、海外にいながら日本と全く同じ環境で動画コンテンツを楽しむことができることです。海外移住して期間が短ければ短いほどに、大きなエネルギーやストレスが伴います。そんな時に懐かしい日本のドラマや映画を観てリラックスしたくなることはあると思います。

海外でAmazonプライムビデオを視聴するなら、VPNが必要

海外からAmazonプライムビデオをみるには、VPN接続が必要です。VPN接続とは、インターネット上に仮装の専用線を設定し、特定の人だけが利用できる専用ネットーワークのこと。

このVPN接続の技術を借りることで、海外にいながら日本から接続しているように見せることができます。日本国内の企業だと、従業員が外出先から社内システムにアクセスする際に活用するケースが多いです。合法なインターネット接続方法です。僕がおすすめするVPNサービスはこちらの記事にまとめています。

毎月500円の固定費でこんなことができる

小銭の写真

☑︎毎月500円あったらできること

  • おしゃれなカフェでモーニング
  • ハーゲンダッツ2個買い
  • スタバのドリンクにオプション追加
  • ギフトカードを誰かにプレゼント
  • ワンコイン投資(つみたてNISA)
  • 福岡の老舗ラーメン屋で1杯

毎月500円あれば、日常生活の中でプチ贅沢ができます。ほんの少しの贅沢がポイントです。

【まとめ】日本ほどAmazonプライムを最大限活用できない

貯金箱の写真

日本在住の場合、Amazonプライム会員はたくさんの恩恵を受けることができるのですが、海外在住の場合はあまり恩恵を受けることができません

一方、ドラマ・映画が好きな人であれば、Amazonプライムビデオを活用することで、海外に住みながら日本と全く同じ環境で月に何本も好きなコンテンツを楽しむことができるメリットがあります。

Amazonプライム会員は好きなタイミングで退会可能です。退会方法については、こちらの記事で解説しております。海外在住後に使う頻度が激減したら退会の手続きに進めましょう。

Amazonプライムの写真

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某IT企業勤務(福岡)の南国好きサラリーマン。 2021年1月~シンガポール就労に向け準備中。 南国生活GETまでのリアルを当ブログにて発信中。 英語学習、海外旅行が大好きです。