【海外就職前に読んでほしい】現地採用VS駐在員徹底比較!

現地採用と駐在員の写真
海外で働きたい人
海外で働きたいけど、現地採用と駐在員って何が違うの?

本日はこんな疑問に答えていきます。

現地採用と駐在員の違い

雇用形態の違いの写真

現地採用と駐在員の違いは雇用形態です。現地採用は現地の企業に雇用されている会社員で、駐在員は日本の企業に雇用されている会社員です。

現地採用は国や職種を自分の意思で選ぶことができますが、駐在員は日本企業の人事辞令により海外に派遣されているため、国や職種を自分の意思で選ぶことができません

滞在期間に関しても、現地採用は自分の意思で決めることができますが、駐在員は会社の辞令に応じていつ帰国するかわからないため、自分の意思で決めることができません。

上記の通り、現地採用と駐在員では雇用形態の違いに基づき、自由に国や職種、滞在期間を選ぶことができるか、できないかの違いが生じます。

これから現地採用と駐在員の具体的な違いについて解説していきます。

給与、待遇面を比較してみた(現地採用VS駐在員)

給与の写真

企業によって様々ですが、給与、待遇面では、駐在員の方が手厚いです。

理由は、日本企業は駐在員に対し、毎月の基本給に加え、海外赴任(駐在)手当、家賃手当、医療費、渡航費、学費を支給するからです。

一方で、現地採用は現地企業のルールに基づき給与、待遇が決まります。企業によって、各種手当が充実していることもありますが、ほとんどの人が自己負担となります。本人の実力次第で給与、待遇が決まるため、駐在員より給与を稼ぐ人が一定数いるのも事実です。

一般的には、可処分所得が大きくなる駐在員の方が給与、待遇面が良いと言えます。

経験値を比較してみた(現地採用VS駐在員)

経験値の写真

経験値は、現地採用の方がUPします。

理由は、異国の地で生活の基盤を0から作っていく必要があるからです。

駐在員の場合は会社が用意した充実した住居など手厚い保障がありますが、現地採用の場合は就職活動、住居探し、現地でのコミュニティ作りまで全てを自分の手で作っていく必要があります。

上記のプロセスでは、現地採用でしか経験できないストレスやエネルギーを伴います。それを乗り越えた時に、人生の経験値をUPすることができます。

この記事を読むことで若い日本人が海外就職という選択をすることのメリットがわかります。「地図のない世界〜海外就職という選択肢(アセナビ)

海外で現地採用として就職する方法

海外転職の写真

レジメ(英語版/日本語版)を用意して、以下の海外転職エージェントに登録しましょう。(今回はシンガポール就職の場合にオススメする転職エージェント3社です。)

  • JACリクルートメント  外資系ハイクラス転職に強い
  • リクルート       スピーディーな対応が強み
  • アージスジャパン    日系〜外資系まで幅広く対応


上記のエージェントに登録が完了すると、担当者から登録したメールアドレス宛に連絡がきます。連絡がきたら、すぐにオンライン面談をお願いしましょう。

オンライン面談では、希望する業界、職種、年収、入社時期などを聞かれ、応募者の回答した内容に応じて求人案件を紹介してもらえます。

シンガポール就職のエントリーから内定までの期間は、早くて3週間、長くても2ヶ月くらいとなります。早めにエージェントに登録して、先行して情報収集を始めるのも1つの手段です。

僕の場合、入社希望時期の1年前にエージェント1社登録、半年前に2社登録しました。1年は早すぎるので、半年前くらいが登録するのがちょうどいいかもしれません。

【まとめ】駐在員は狭き門、現地採用は広き門

飛び込みの写真

海外就職をする場合、現地採用は広き門、駐在員は狭き門です。

現地採用は、自分の意思で国や職種を選び、海外で働くことができますが、駐在員は日本企業に何年も勤め上げて、上層部に認められてはじめて海外で働けます。

一長一短なので、どちらの勤務形態がいいというのはありません。

僕の場合、現職の日本企業で駐在員としての切符をGETできないことが分かり、海外で好きな国で現地採用として働くことを決意しました。

海外で今すぐ働きたいという強い意志があれば、現地採用として海外就職することをオススメします。

現地採用と駐在員の写真

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某IT企業勤務(福岡)の南国好きサラリーマン。 2021年1月~シンガポール就労に向け準備中。 南国生活GETまでのリアルを当ブログにて発信中。 英語学習、海外旅行が大好きです。