将来海外で働きたい人のための英語学習方法!

ベストティーチャーの写真
将来海外で働きたい人
将来は海外で働いてみたい。将来に向けて、日本国内でできる実用的な英語学習方法について知りたい。

こんな悩みに答えていきます。

日本の会社を辞めて、将来海外で働きたいと考えている人向け。

将来海外で働きたい人が抱えている1番の悩みが、実践的な英語力

本記事では、将来海外で働きたい人のための英語学習方法について紹介します。

海外で働くために必要な英語力の写真

海外就職に求められる英語レベルはズバリTOEIC800点以上

業界や職種により求めれられる英語力は異なりますが、基本はこのスコアラインです。

特に海外では、コミュニケーション力会話力が重要視されるため、上記TOEICスコアに見合うスピーキング(表現力)も必要最低限。

普段から英語で会話するトレーニングを行っておくこと非常に重要です。

継続できる英語学習方法を選ぶ!無理な学習はしない。

継続できる英語学習の写真

将来海外で働くためには、継続できる英語学習を行うことが重要。

よくあるダメな例として、「よしっ!海外で働くために英語学習を頑張ろう!」と意気込んだは良いものの、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後にはモチベーションは消え、気づいたら英語学習を断念してしまうことがあります。

英語学習が続かない最大の原因は、無理な学習をしようとしているから

自分に合った英語学習ツールを選ぶことが、英語学習を継続するコツ

僕の場合は英語学習を継続するために、以下4つの英語学習ツールを重宝しています。

  • NHK WORLD TV(無料)で世界情勢のチェック 30分
  • ベストティーチャー(有料)でスピーキングレッスン 25分
  • スタディサプリENGLISH(有料)でボキャブラリーを暗記 30分
  • Amazonプライムビデオ(有料)で海外ドラマを視聴 40分


上記の通り、日常生活の中に自然と英語学習をする機会を設けることで、毎日2時間の英語学習を継続できる仕組みを作っています。

特にインターネットを通じて、世界中のネイティブと英語のスピーキングを行ったり、海外ドラマを観たりする時間は、僕にとって大切な憩いの時間になっています。

英語学習の時間の中に遊び要素を加えることが、英語学習を継続できるコツ

海外で働くために英語をアウトプットする機会を増やす。

アウトプットの写真

海外で働くためには、外国人との積極的なコミュニケーションが必要。

外国人と積極的なコミュニケーションを取るためには、日頃から英語をアウトプットする機会を増やすことが重要です。

日本国内にいながら、日頃から英語をアウトプットする機会を増やすのは簡単。

外国人の友達と遊びに行く頻度を増やしたり、インターネットでオンライン英会話サービスを利用したりする方法が有効です。

こちらの記事を読むと、日本国内で簡単に外国人と友達になる方法がわかります。

日本にいながら、アウトプット機会を増やす英語学習方法は?

ベストティーチャーの写真

結論を言うと、アウトプットする機会を増やしたいなら、まず使いたいサービスがベストティーチャーです!

全国に約580校展開する予備校を運営するあの代ゼミグループが提供するサービスとあって、10代〜40代まで幅広い世代から支持を受けているサービスです。

大手英会話教室は1レッスンあたり5,000円〜17,000円が相場ですが、ベストティーチャーは月額12,000円〜16,500円です。

しかも驚くべきは、月額12,000円〜16,500円だけで世界50カ国以上のネイティブスピーカーと好きな時間に何回でもスピーキングレッスンができる点

インターネット環境さえあればいつでもどこでも受講可能なため、たいへん便利でコスパ良く感じております。

英語をアウトプットする機会をとことん増やしたい人に、ベストティーチャーはぴったりのサービスです。

ベストティーチャーの写真

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某IT企業勤務(福岡)の南国好きサラリーマン。 2021年1月~シンガポール就労に向け準備中。 南国生活GETまでのリアルを当ブログにて発信中。 英語学習、海外旅行が大好きです。