【海外で車を運転したい】国際免許証の取得方法と費用まとめ

海外で車を運転する
Kyon
こんにちは、2021年からシンガポール(現地採用)で働くKyonです。

「海外旅行中に車を運転してみたい。」
「国際免許証は簡単に取れるの?」

これまで海外旅行中にこのようなことを思った経験はありませんか?

海外旅行先で車を運転できると、色々な所に足を運ぶことができるので、今まで以上に海外旅行の充実度が高まります。

海外で車を運転するためには、「国際運転免許証」を発行する必要があります。

国際免許証を保有していれば、日本国内で車を運転する要領で海外旅行先でも気軽に車を運転することができます。海外現地で思いつきでレンタカーを予約して、色んな場所に行くこともできるでしょう。

さきに結論から申し上げると、国際運転免許証の発行手続きはとても簡単で発行費用もそこまで高くありません。

そのため、たとえ旅行直前であっても国際運転免許証を発行することはできます。

本記事では元バックパッカーで2021年からシンガポールで働く筆者が「国際運転免許証の取得方法と国際免許の発行費用について詳しくご紹介いたします。

これから海外旅行先でドライブをしたいと考えている方は、ぜひご覧ください。

国際免許の写真

海外で車を運転するためには、「国際運転免許証」を発行する必要があります。

日本の運転免許証を所有している方なら、誰でも簡単に発行することができます。

日本の運転免許証が現在「失効」「停止中」「取り消し」になっている方は、もちろん国際免許証を発行できません。

国際運転免許証の有効期間は、1年間です。

有効期間の間は、海外で何度でも車を運転することができますが、有効期間が切れると再発行の手続きが必要になります。

海外旅行を予定している直前に国際運転免許証を発行すれば、発行後1年の間は海外で国際運転免許証を使うことができます。

そのため、日本出国直前ギリギリに国際運転免許証を発行した方がお得です。

「海外旅行中の車での事故」について心配な方は、こちらもご覧ください。

海外旅行保険の必要性の写真

海外旅行に保険は必要ない?元バックパッカーが徹底解説!

12/02/2020

国際運転免許証の取得方法

国際免許の書類の写真

国際運転免許証を発行するためには、以下の手続きが必要です。

国際運転免許証の発行場所

国際運転免許証を発行するためには、日本国内で保有している運転免許証の裏面に記載されている各都道府県の「運転免許センター」で手続きをする必要があります。

上記センターで必要な手続きを完了することができれば、その日中に国際運転免許証を発行し、保有することができます。

国際運転免許証の発行には時間がかかると思われがちですが、実は数時間もあれば簡単に発行することができます。

国際運転免許の発行は、基本的に平日のみで受付をしていますが、施設によっては土日も受付している場合があります。

国際運転免許証発行に必要な書類

国際運転免許証を発行するためには、以下の書類を準備する必要があります。

・日本の運転免許証
・証明写真(縦5cm×横4cm)
・印鑑(認印も可)
・パスポートもしくは海外行の航空券
・国外運転免許証交付申請書(現地にある)

国際運転免許証を発行するためには、上記の書類一式が必要です。

1つでも欠けると国際運転免許証を発行できないので、必ず運転免許センターに行く前に漏れなく準備するようにしましょう。

代理人が国際運転免許証を申請する場合

本人が海外渡航先で車を運転するにも関わらず、事前に国際運転免許を取得し忘れた場合のみ、本人の代わりに代理人が国際運転免許証を申請することができます。

主に海外移住をされている方なら、このような場面が発生かもしれません。

代理人として申請ができる人は、本人との関係性を示すことができる「家族・親戚・友人・会社関係者」などです。

必要書類はさきほどの書類の他に

・パスポートの全ページコピー
・委任状(本人→代理人)
・代理人の身分証明書

が必要になります。

代理人が国際運転免許証を申請する場合、本人申請時よりも必要書類が増え手間がかかるので、できる限り本人が日本出国前に国際運転免許証を申請しましょう。

国際運転免許証の取得費用相場

国際免許の費用の写真

国際運転免許証の取得にかかる費用は、約2,350円〜2,650円となります。

国際運転免許証の発行費用

(福岡県警察公式HPより抜粋)

ちなみに筆者の出身地の福岡県の場合、2,350円で国際免許証を発行できます。

あなたのお住まいの地域によって若干の費用の差はあるものの、上記費用で国際運転免許証を発行することができます。

なお国際免許証用の証明写真を運転免許センターで撮る場合には、さらに1,000円ほど撮影費用がかかります。

国際運転免許証を発行する際は、手元に4,000円ほど用意しておけば、確実に国際運転免許証を発行できるはずです。

支払い方法は収入証紙のため現金のみで、クレジットカードは利用不可です。

国際運転免許証を取って、世界中でドライブを楽しもう!

国際免許でドライブの写真

今回は、「国際運転免許の取得方法と費用について詳しくご紹介してきました。

海外でドライブをする場合は、国際運転免許が必要です。そして、国際運転免許は簡単な手続きと数千円の費用を支払うことで、その日中に発行することができます。

国際運転免許を持っていると、今後海外旅行や海外出張などで「ちょっと足を運びたいけど、公共交通機関では行けそうにない。」ような場面で非常に有効です。

近いうちに海外旅行でドライブをしてみたい方は、早速お近くの運転免許センターで国際運転免許証を取得し、世界中でドライブを満喫する準備を進めましょう。

国際免許証を1枚持っておくだけで、海外での行動範囲を一気に広げることができ、あなたがこれまで以上に海外旅行を楽しめるようになることは間違いありません。

筆者の場合、少しでも海外旅行を楽しむために「海外でドライブする」「海外の空港でラウンジを利用する」をしています。

海外で空港ラウンジを利用してみたい方は、こちらもあわせてご覧ください。

海外で空港ラウンジの写真

海外旅行先の空港ラウンジはどうやって利用するの?【超簡単】

12/28/2020
海外で車を運転する