外資系企業に転職する3つのメリット【もう日系企業に戻れない】

外資系企業転職のメリット
Kyon
こんにちは、2021年からシンガポール(現地採用)で働くKyonです。

「これから海外就職をしよう!」と考えている方は、少しお待ちくださいませ。

これから初めて挑戦する方にとって、海外就職は“ハードルが高く感じる”もの。

多くの方が海外就職の切符をGETしたはいいものの、「現地の職場の雰囲気に馴染めずに早々に日本に帰国するのではないか?」と不安を抱えるはずです。

そんな不安を抱える方には、海外就職をする前にまずは「日本国内の外資系企業に転職をすること。」を推奨しています。

なぜなら、日本国内で外資系企業で働くことができたら、外資系企業で働く雰囲気を掴むことができるので、スムーズに海外でも働き始めやすいからです。

ちなみに筆者は不安を抱えながらも、どストレートに海外就職を決めた人間なので、今では「日本の外資系企業勤務を経験しても良かったかも。」と後悔してます。

本記事では、2021年からシンガポールで働く筆者が「海外就職前に日本の外資系企業に転職する3つのメリット」についてどこよりもわかりやすくご紹介します。

日本国内で外資系企業に転職するなら、まず登録しておきたい転職エージェントが「JACリクルートメント」です。

>>JACリクルートメントに無料登録する

海外就職にすぐに踏み出せない大きな理由

不安な写真

多くの人が海外就職に踏み出せないのは、異国の地で外国人とコミュニケーションを取りつつ、「ちゃんと働くことができるのか?」という不安がよぎるせいです。

あなたが海外の現地企業でうまく働くことができなければ、当然給料カットや解雇にも繋がってしまうため、あなたのキャリア的にもやはりダメージが大きいです。

また家族帯同で海外就職に失敗をしてしまうと、経済的に家族の生活を守ることができないリスクも十分に考えられます。

海外就職に挑戦したいのにすぐに踏み出すことができない理由のほとんどが、これらの“不安”から来るものです。

これらの不安を抱える方は、いきなり海外就職に挑戦せずに、まずは“日本国内で外資系企業に就職する”のが得策です。

英語できない写真

英語ができないけど、外資系企業に転職したい!実現できる?

10/21/2020

日本国内でまずは外資系企業に転職してみる!

海外就職に挑戦したいけどなかなか決意が固まらない方は、まず「日本国内で外資系企業に転職すること」を推奨します。

日本国内の外資系企業に身をおくことで、日本で生活しながらも海外の働き方を体験でき、日本に住む外国人とコミュニケーションをとる機会も自ずと多くなります。

つまり、日本国内の外資系企業で働くことは、「ローリスクで海外で働くという疑似体験」とも捉えることができます。

そして、日本国内で外資系企業に転職することは、海外就職の失敗リスクを軽減する大きなリスクヘッジにも繋がります。

あなたが将来的に海外で働きたいなら、まずは日本国内の外資系企業に転職するのが賢いアプローチとなります。

「海外就職をする具体的な方法」は、こちらで詳しく紹介しています。筆者と同じように「今すぐにでも海外で働きたい」という方は、こちらをあわせてご覧ください。

海外就職する方法

海外で働くためには?海外就職する3つの具体的な方法!

06/22/2020

海外就職前に日本の外資系企業に転職する3つのメリット

外資系企業のメリットの写真

海外就職前に日本の外資系企業に転職するメリットは、主に3つあります。

外資系企業に転職するメリット
①給料が高くなることが多い
②実力主義者になれる
③多様な働き方を体感できる

1つずつ解説していきます。

給料が高くなることが多い

外資系企業は、一般的な日系企業と比べて給料のベースが高いケースが多いです。

多くの外資系企業では、あなたが仕事で結果を出すことがそのまま給料に直結するため、性別や年齢に関係なく平等に評価がされ、給料が決まっていきます。

よく大手転職エージェントの公式HPで、外資系企業に転職した人の年収が高くなった成功事例を紹介していますが、まさにその典型的なイメージそのままです。

実力主義者になれる

外資系企業は、実力主義のため能力と結果を出しておけば、高い評価がされます。

また外資系企業の特徴として、”女性の管理職が多いこと”があげられます。

これは実力がある女性が正しく評価される文化が、外資系企業に深く根付いているからです。このような環境に身を置くことで、自然とハングリー精神が養われます。

多様な働き方を体感できる

外資系企業は、様々な外国人が在籍しているため、多様な働き方ができます。

まさに職場が多様性(ダイバーシティー)なので、それぞれ信仰している宗教も違えば、生活のスタイルも全く異なります。

日系企業で働くと、つい日本人の働き方になってしまいますが、外資系企業ではグローバルな働き方を体験できます。

会社が多様性を重要視していることもあって、日系企業と比べて有給休暇や長期休暇を取りやすい傾向もあります。

>>日本国内の外資系求人を探す

外資系企業の3つの特徴(日系企業との違い)

日系企業との違いの写真

外資系企業の特徴は、主に以下の3つです。

外資系企業の特徴
①結果主義
②残業しない価値観
③意見する重要性

1つずつ解説していきます。

結果主義

まず外資系企業では、あなたが「結果を出すこと」が何よりも最重要です。

そのため、常に結果に結びつく具体的な行動を継続することが必要になります。

残業しない価値観

外資系企業では、「残業をしてしまうと、時間内に仕事を終わらせることができない人」という低い評価に繋がります。

日系企業では、「残業するとみんなより仕事を頑張っている人」という高い評価に繋がるケースもあるので注意が必要です。

意見する重要性

外資系企業では、自分の意見を堂々と主張することがとても大切です。


「自分が何を考えているか」
をしっかりと伝えていくことが、上司やクライアントとの信頼関係向上に繋がります。

日本の外資系企業転職後に身につけておきたい3つのスキル

スキルの写真

日本の外資系企業転職後に身につけておきたいスキルは、主に以下3つです。

外資系企業で身につけたいスキル
①英語力
②柔軟性
③主体性

1つずつ解説していきます。

英語力

外資系企業転職後は、「実用的な英語スキル」にさらに磨きをかけましょう。

海外に転職する時に、「即戦力人材になれるように、コツコツと英語への免疫力をつける。」という考え方が大切です。

よくよく考えると、企業で働きつつ給料をもらいながら、英語スキルを高める環境がある外資系企業って最高ですね。

柔軟性

外資系企業転職後は、これまで以上に「柔軟性」を高めていきましょう。

外資系企業では、日系企業以上に急な業務変更や組織変更が発生します。

業務の押し付け合いなども頻発するため、「NO」ということも大切です。

外資系企業では、どんな変化があっても柔軟に対応できる力を培っておきましょう。

主体性

外資系企業転職後は、これまで以上に「主体性」を高めていきましょう。

外資系企業では、「積極的に自分の意見を発言する人」が高く評価されます。

会社にとって自分が何ができるか?という姿勢をアピールする力をつけましょう。

外資系企業転職の実績

【外資系企業に転職したい】実績No.1のエージェントは?

11/06/2020

【メリットだらけ】外資系企業に転職すると、視野が広がる

選択肢を広げる写真

今回は、「海外就職前に日本の外資系企業に転職する3つのメリット」について詳しくご紹介してきました。

外資系企業に転職するメリット
①給料が高くなることが多い
②実力主義者になれる
③多様な働き方を体感できる

あなたが人生初めての海外就職に不安を感じるなら、まずは日本国内で外資系企業に転職することを推奨します。

外資系企業は、日系企業と職場環境や社風が大きく異なるケースが多いです。

いきなり異国の地で働いて海外現地の環境に慣れずに撤退するよりも、まず日本の外資系企業に転職しておくことは、海外就職時のリスクヘッジにも繋がります。

また国内で外資系企業で勤務した経験は、次の転職活動にも活き、あなたのキャリアの選択肢を大きく拡げることもできます。

「海外就職に興味があるけどちょっと自信がない」方は、まずは日本国内で外資系企業に転職してみましょう。

特にこれまで日系企業でしか働いた経験がない方にとっては、一度外資系企業で働く経験をすることは、今後のキャリアにプラスに働くに違いありません。

外資系企業転職のメリット

ABOUTこの記事をかいた人

Kyon

某IT企業勤務(福岡)の南国好きサラリーマン。 2021年10月~シンガポール就労に向け準備中。 南国生活GETまでのリアルを当ブログにて発信中。 英語学習、海外旅行、草野球が大好きです。