海外で働くためには?海外就職する3つの具体的な方法!

海外就職する方法
Kyon
こんにちは、2021年からシンガポール(現地採用)で働くKyonです。

「これから海外で働きたいけど、海外で働くにはどのような方法があるの?」

海外で働くことを考えている方なら、このような疑問を抱える方は多いはず。

筆者も海外で働くことを選択した一人で、当初は同じような悩みを抱えていました。そして、現在は”今の働き方”を選択して、本当に良かったと振り返っています。

本記事では、2021年からシンガポールで働く筆者が「海外就職する3つの具体的な方法」についてわかりやすくご紹介します。

これから海外で働くことを検討している方に、ぜひ読んでほしい内容です。

筆者が「海外で働くことを決断した理由」については、こちらでご紹介しています。

20代後半の海外移住

20代後半の僕が海外(南国)移住を決断した6つの理由【本音】

05/17/2020

海外で就職をする3つの具体的な方法

海外就職の写真

海外で就職する具体的な方法は、主に以下の3つがあります。

海外で就職する方法
・日本企業に就職し、海外転勤
・海外で現地就職
・個人事業主として働く

1つずつ解説していきます。

日本企業に就職し、海外転勤

まずは、国内の日本企業で経験を積んだ上で、海外の現地法人に転勤する方法です。

いわゆる、「海外駐在員」のことです。

海外転勤後は、日本企業からの家賃手当や海外赴任手当など手厚いサポートを受けられるため、安心して充実した海外生活を送ることができるのが特徴です。

しかし、海外転勤の切符をGETするまでの道のりは大変険しいです。

実際に筆者は新卒で入社した会社で海外駐在員のポジションを狙っていましたが、うまくレールに乗れずに断念をしました。

とはいえ、海外転勤は日本企業の人事辞令により海外に派遣されるため、国や職種を自分の意思で選ぶことができません。

駐在員の英語力の写真

海外駐在員に必要な英語力はどれくらい?学習法についても紹介

11/28/2020

海外で現地就職

次に日本国内から海外の現地企業へ直接エントリーし、現地で就職する方法です。

いわゆる、「現地採用」のことです。

英語や多言語が得意であれば、日本と同じように就職活動を進めることができます。

自分の好きな国で、好きなだけ働くことができることが最大の特徴です

一方で海外駐在員のような日本企業の手厚いサポートやバックアップがないのは現地採用のデメリットの一つです。

近年は、技術者向けの求人案件が増えており、手に職を持つ料理人、ITエンジニアなどが引く手あまたになる傾向が強いです。

シンガポールに現地就職

シンガポール現地就職までの3ステップ!【現地採用者が解説】

03/28/2020

個人事業主として働く

最後に海外で生活しながらも、インターネット上で仕事を完結する方法です。

いわゆる、「ノマドワーカー」です。

ノマドワーカーは、インターネット環境さえあれば働くことができるため、オフィスに通う必要がないのが最大の特徴です。

具体的には、WEBデザイナー、アフィリエイター、ライター、動画編集などの職種がノマドワーカーに該当します。

実は筆者自身、海外で現地採用として働いていますが、最終的には海外でノマドワーカーとして働きたく、現在サイト運営やアフィリエイトにも取り組んでいます。

海外に暮らしながらオンラインで仕事を受注する1つの方法として、クラウドワークスを活用することをおすすめします。

東南アジアなどの物価の安い国に住めば、毎月5万円〜10万円の収入があれば、十分に暮らしていくこともできます。

クラウドワークスで稼ぐ写真

クラウドワークスで月5万円稼ぐ方法【全てオンラインで完結】

07/02/2020

海外就職時に身につけておきたいスキル3選

スキルの写真

海外就職時に身につけておきたいスキルは、主に以下の3つがあります。

海外就職で身につけておきたいスキル
・英語力
・専門力
・交渉力

それぞれ解説していきます。

英語力

海外で働くにあたって、英語力は持っておきたい重要なスキルの一つです。

例えば一つの基準として、TOEICスコアが800点以上あると、海外の現地企業にエントリーできるレベルにはなります。

急速なデジタル化に伴い、現在は日本国内でも英語学習できる環境が整っています。

将来的に海外で働きたい方は、今のうちからコツコツ英語力を磨いておきましょう。

日本以外でも働ける選択肢を持っておくと、やはり精神的にも楽になります。

海外就職に必要な英語力

海外就職に必要な英語力と効果的な英語学習法とは?【経験者直伝】

10/22/2020

専門力

専門力が高いことは、どこの国で働くとしても、やはり優遇されます。

なぜなら、海外の現地企業は即戦力人材を求めることがほとんどだからです。

また現職で専門力を活かして、「どのような実績、成果を上げてきたか」も選考時の重要な評価基準になります。

近年は特にITエンジニアなどの手に職系の求人案件が増えている印象が強いです。

日本国内で働きながら、エンジニアとしてのスキルを磨いておくと有利です。

交渉力

交渉力が高いことは、どこの国で働くにも必要なスキルになります。

日本では発言・意見しないことが時に美徳とされますが、海外では意見しないと交渉力がない人と判断され、評価されません。

日本国内で働きながら、対外的な交渉力を磨いておくと有利になります。

海外就職しやすい職種3選

看護師の写真

ここで海外就職がしやすい職種を3つピックアップし、ご紹介します。

海外就職しやすい職種
・日本語教師
・ITエンジニア
・看護師

それぞれ解説していきます。

日本語教師

アジア圏を中心に、アメリカ、オーストラリアなどの海外諸国では、日本語を学習したいニーズが非常に高いです。

国際交流基金発表の日本語教育機関調査によると、日本語学習者数第一位の中国では約100万人、第二位のインドネシアでは約80万人と、多くの日本語学習者がいます。

日本人の海外移住に人気の国や地域では、日本語教師の求人案件が多いです。

需要が大きい日本語教師であれば、比較的簡単に海外就職をすることができます。

海外で日本語教師の写真

海外で日本語教師として働くためには?注意点についても解説!

11/01/2020

ITエンジニア

経済産業省発表の「IT人材に関する各国比較調査結果報告書」によると、国別のIT人材の平均年収は日本よりも海外の方が圧倒的に高いことがわかっています。

例えば、同じ業務量のアメリカのITエンジニアの年収は日本のITエンジニアの年収の2倍近くあるというデータがあります。

エンジニアの言語は世界共通なので、ITエンジニアは様々な国で働けるチャンスが多く、年収アップにも期待ができます。

ITエンジニアとしてのスキル+英語力があれば、比較的簡単に海外就職ができます。

こちらでは、「ITエンジニアが海外就職すべき理由」について紹介しています。

ITエンジニアの海外転職

ITエンジニアが海外転職すべき3つの理由!【年収アップ?】

06/12/2020

看護師

海外で看護師として働く方法は、看護ボランティア、国際看護師の2つがあります。

看護ボランティアは、発展途上国に滞在し無償看護サービスを行うボランティアで、短期間海外で働きたい人に向いています。青年海外協力隊が知名度が高いです。

国際看護師は、海外の現地の病院で現地看護師と同じように働きます。国際看護師になるためには、現地の看護師資格・就労ビザ・語学力の3つが必要です。

看護師としての現地資格+語学力があれば、比較的簡単に海外就職ができます。

【まとめ】海外就職は自分らしく生きるための1つの方法です!

キャリアアップの写真

今回は、「海外就職する3つの具体的な方法」について詳しくご紹介しました。

海外で就職する方法
・日本企業に就職し、海外転勤
・海外で現地就職
・個人事業主として働く

現代は海外で働きたいと思えば、誰もが気軽に挑戦ができる時代です。特にあなたが若いうちはリスクが少ない分、海外で働くことをとてもおすすめします。

また、「海外で働く」ことは、自分らしく生きるための1つの方法でもあります。

もし日本で満足できない日々を過ごしていると感じるなら、海外で自分らしく働く・生きるという選択肢があります。

異国の地で0から生活基盤を整えて生活することは、相当なエネルギーとストレスが伴います。だからこそ、ひと回りもふた回りも成長することができるのです。

これから海外で働くことを検討している方の参考に少しでもなれば嬉しく思います。

こちらでは、「20代のうちに海外で働くメリット」について詳しく紹介しています。

20代で海外就職の写真

20代で海外就職する2つの方法と3つのメリットを伝授!

06/04/2020
海外就職する方法

ABOUTこの記事をかいた人

Kyon

某IT企業勤務(福岡)の南国好きサラリーマン。 2021年10月~シンガポール就労に向け準備中。 南国生活GETまでのリアルを当ブログにて発信中。 英語学習、海外旅行、草野球が大好きです。