【最新版】シンガポール現地採用に必要な英語力は?【重要】

なんしよーと、KYONです。
これからシンガポールで就職したい人向け。

当記事では、これからシンガポールの外資系企業にて就職活動を行う方向けに、
採用の重要な基準となる英語力、そして英語力の次に大事なスキルについて纏めました。
シンガポールでの就職を視野に入れている、目指している方は是非ご覧ください。

本記事の信憑性

当サイトでは実際に2021年1月〜シンガポール現地就労を目指す僕がシンガポール就職に関する情報を発信しております。現在、大手人材紹介会社の手厚いサポート受けながら、選考を進めておりますので、比較的最新情報をお届けできると思います。

シンガポール就職に必要な英語力【TOEIC基準】

シンガポール就労に求められる英語レベルはズバリTOEIC800点以上
シンガポールで外国人が就労する際に求められる英語レベルはアジア諸国でもトップクラスで 香港と同じレベルと言われており、上記基準とそれに見合うスピーキング(表現力)も必要最低限。

ちなみに現在の僕のスピーキング力は下記の通りです。
2020年9月に受検予定ですが、次は330点を目指しております。

英語の次に大事なスキル【新卒は採用しない主義】

英語の次に重要なスキルが豊富な業務経験と高い専門性です。
シンガポールでは、日本のように新卒を教育する文化がなく、基本的に専門スキルと、
会社にいかに利益をもたらしてくれるかという点しか着目していません。

逆を言うと、豊富な業務経験と高い専門性があれば、共通言語でカバーできるということが言えます。個人的には、日本企業にて数年間、ある程度の業務経験と専門性を磨いた上で、シンガポール就職をする順番をお勧め。

裏技があります【英語力を必要としない職種】

英語力はないけれども、どうしてもシンガポールで働きたいという皆さんに朗報です。
英語の次に重要なスキルの内容を思い出してください。高い専門性があればという点。

日本料理店のシェフや美容師、コールセンターのオペレーターなど日本人として
生まれたアイデンティティを最大限に活かして、就労することも十分に可能です。

ただし、就労条件が緩いほどに希望通りの待遇でない可能性が高まるので、妥協も必要。

【まとめ】やっぱり英語は必要という話!

シンガポール就職を有利に進めるためには、やはり高い英語力が絶対条件。
特にシンガポールという国はたくさんの外国人を雇用することで経済が
成り立っているため、英語は唯一無二の共通言語となります。

これから効率よく英語力を伸ばしたいという方は以下の2つの方法をお勧めします。

【おまけ】最も効率よく英語力を伸ばす方法2選

海外留学 星5つ★★★★★
綺麗・安心・安全なセブ島留学は【First Class】

英語を最も効率よく上達させる方法は、英語しか使えない環境に身を置くことです。
とはいえ、アメリカ・イギリスなどの国はあまりにも高額なので簡単にはお勧めできません。
コスパよく留学する方法として、フィリピン留学をお勧めします。
フィリピンは元々アメリカ領という背景もあり、英語を流暢に話す人がとても多いです。

結局、英語漬け生活(環境作り)が最短距離。

上記のような成功事例もよく聞きます。

オンライン英語学習 星4つ★★★★☆
スタディサプリEnglish ビジネス英会話

現代は非常に便利な世の中になってます。
スマホ・PCが普及したことにより、多角的な英語学習が広がってます。

10年ほど前までは、英会話教室に通う人が多かったですが、
近年はオンライン英語学習が拡がりをみせます。
英会話教室に通うコストと移動時間を大幅にカットし、
隙間時間でコツコツと学習できるオンライン英語学習はお勧めです。

昨今のコロナ感染拡大の影響で留学が延期になった学生が
上記学習ツールを活用するケースも少なくないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です