【保存版】20代後半の僕が海外(南国)移住を決断した6つの理由

南国移住の写真
Kyon
こんにちは、2021年からシンガポール(現地採用)で働くKyonです。

本記事では、2020年に日本で社会人4年目を迎えた筆者が、今後の生活拠点を日本国内ではなく、南国(海外)に決断した理由について、心身二元論形式でまとめました。

筆者が海外移住を決断した理由を一言で申し上げると、「夢を前倒したかったから」です。元々は、「いずれ海外に行ければいいや、住めればいいや。」くらいに考えていたのですが、最近素敵な書籍や人との出会いがあり、考え方が変わりました。

本記事では、2021年からシンガポールの外資系企業で働く筆者が「20代後半の僕が南国移住を決断した6つの理由」について解説いたします。

「日本に住んでいて、モヤっとした気持ちを抱えている方」、「今後海外生活を視野に入れている方」は、是非ご覧ください。

20代後半の僕が海外移住を決めた3つの理由(物理論)

20代後半の筆者が海外(南国)移住を決めた物理的な理由は、主に以下3つがあります。

①花粉症がなくなる
②ミニマリストで生きれる
③ビーチが好きすぎる

1つずつ解説していきます。

花粉症がなくなる

筆者の場合、日本では必ず毎年2月〜5月の期間で、スギ花粉にひどく悩まされます。 基本的に上記の期間は薬で対処するのですが、それでも鼻水は止まりません。

鼻水が止まらない日だと、頭痛に発展することも多いため、正直体調的に辛い日々を送ることが多いです。 日本は地理地形上、「花粉大国」です。海外(南国)移住することで花粉から避けることができます。

ミニマリストで生きれる

海外(南国)移住すると、簡単にミニマリストになれます。ミニマリストとは、「必要最小限の持ち物で、丁寧な暮らしを実践する人」のことです。

筆者の好きな国のシンガポール、マレーシアは常夏なので、年中半袖短パンが当たり前。多くの外国人が住むコンドミニアムも基本的に家具、家電付きなので、生活に必要なものは最低限で大丈夫です。

実は、学生時代にマレーシアに1年近く住んだ経験がありますが、日本帰国時の自分の荷物の少なさに驚いた記憶があります。

必要最小限の持ち物で生活することで、幸福度は高くなると思っています。

ビーチが好きすぎる

海外(南国)には、魅力的なビーチが沢山あります。特に周囲を海に囲まれたシンガポールやマレーシアは、ペナン島、ティオマン島などのアジア屈指のビーチリゾートがあります。

筆者は泳げませんが、友人や恋人とビーチに寝そべったり、語ったり、お酒を飲むことが好きなので、気が向いた時にビーチにいける環境は大切だと思います。

思いついたらすぐにビーチにいける国に住むことが、筆者にとっては幸せです。

20代後半の僕が海外移住を決めた3つの理由(精神論)

20代後半の筆者が海外(南国)移住を決めた精神的な理由は、主に以下3つがあります。

①幸福度が高まる
②自由度が高まる
③自己表現しやすくなる

1つずつ解説していきます。

幸福度が高まる

筆者にとっての幸福度は、「生活を自分で管理できる機会が与えられているか。」で測られます。決して、収入と比例しません。

筆者にとって、幸福度が高まる瞬間は、「誰にも気を遣わず、自由に自己表現ができる機会が増えている状態」のことです。

日本は、周囲を気にしないといけない文化なので(時に良い点であるのですが)、社会人になって気疲れし、「自分の幸福度が低い。」と感じる瞬間が多々あります。

過去にマレーシアに住んだ経験があるから分かるのですが、筆者の場合は開放的な南国では気を遣うことがなくなり、常に幸福度が高い状態を維持できます。

自由度が高まる

筆者自身、南国のオープンな気候の下、多文化・多国籍の人々と共に生活することで、自由度が高まった経験がありました。

生活する上で必要な言語である英語に敬語は存在しないし(実際には存在しますが、、)、上下関係もある程度フランクな状態にすることができます。

自分の意思で自分を取り巻く環境を選ぶことが、自由度を高めるポイントです。

自己表現しやすくなる

海外(南国)生活で必要不可欠なツール(言語)には、敬語が存在しません。英語を話している時の筆者は、何とも自分らしく表現できている感じがします。

蛇足ですが、気になる外国人女性と日本人女性に思いを伝える瞬間なんかは英語の方が圧倒的にスムーズに表現しやすいです。

自分らしく表現しながら生きていくことは、短い人生を楽しむ上で非常に大切なことだと思っています。

【海外移住の夢を前倒し】自分がなりたい状態を鮮明にイメージしてみた(20代の強み)

自分がなりたい状態の写真

今回海外(南国)移住を決断するにあたり、「自分が本当になりたい状態」を鮮明にイメージしてみました。

筆者が思いついた「なりたい状態」には、例えば以下のようなものがありました。

【筆者が20代のうちになりたい状態】
・海外生活をしたい
・自由に海外旅行をしたい
・グローバルな人材になりたい
・南国でゆったり生活したい
・リゾート地を巡りたい

上記のなりたい状態は、いずれ叶うだろうと心のどこかで思っていました。

しかし、ある日このまま行動しなければ、自分は何も変わらない。むしろ、今なりたい状態を叶えないと絶対に今後も叶えられない。と思いました。そして、筆者は自分の夢を前倒しすることに決めました。

夢を前倒しするからには、自分の経験を多くの同世代や若者にも共有したいと思い、当サイトの運営をはじめました。

【まとめ】自分の納得できる生き方を見つけた

今回は、「20代後半の僕が海外(南国)移住を決断した6つの理由」をご紹介しました。

筆者にとって南国移住の選択は、「自分が自分らしく生きるための手段」に過ぎません。近年は人生100年時代と言われていますが、若いうちの1年は本当に希少で貴重な期間だと思います。

筆者は2019年にこの書籍と出会い、自分の中で一気に目が覚めました。この書籍では、「人生100年時代のこれからの生き方」について説かれています。

筆者は「自分の人生は、自分の選択により切り拓いていくべき」で、悩んでいる期間が本当に無駄だと思っています。10年後、20年後に笑っていられるように、今を直感で生きていきたいと思います

当サイトでは、筆者が海外(南国)移住のきっかけにもなった、海外就職や海外旅行に関する情報も発信しています。

海外移住に失敗しない写真

【2020年最新版】海外移住に失敗しない3つのポイントを解説

06/14/2020

「自分で意思で選択した道を正解にするため」に、これからも「納得できる生き方」を共に探していきましょう。

南国移住の写真