【2020年最新版】シンガポール就職の給与手取りが多いからくり

シンガポール求職者
シンガポール就職したいけど、シンガポールの給与の仕組みが分からない。

こんな疑問に答えていきます。

シンガポール就職したいけど、シンガポールの給与の仕組みが分からない手取りは日本と比較して、どのくらいもらえるのかを知りたい、そんな人向け。

当記事では、シンガポール就職時の給与手取りについて解説します。

外国人が働きやすい国として有名なシンガポール

これだけ高い評価を受けているのには、大きな理由があります。

それは給与の手取り額が圧倒的に大きい点

シンガポール給与の仕組みについて知りたい方は、是非ご覧ください。

本記事の信憑性

当サイトでは実際に2021年1月〜シンガポール現地就労を目指す僕がシンガポール給与に関する情報を発信しております。

現在、大手人材紹介会社の手厚いサポート受けながら、就職活動を進めておりますので、最新情報をお届けできると思います。

手取りとは?

手取りとは、給与(額面)から税金などを控除した後の受取額のこと。

控除されるものは、社会保険料雇用保険料所得税住民税があります。

現在の僕の日本での年収は額面で560万円、手取りは425万円ですので、給与の24%程度が控除されている計算になります。(給与額は初公開です汗)

税理士さんが纏めてくださっている便利な控除額の表を見つけました。

現在の自分の控除額及び手取りが知りたい方は、こちらよりご確認ください。(日本在住の場合)手取りチェック

【超お得】シンガポールの手取りは額面の98パーセントもらえる?

結論から申し上げますと、YESです!

シンガポールの手取りは≒額面です。

理由は以下の通り。

  • 所得税が安い
  • 健康保険は企業負担
  • 退職金制度がない


理由3つ目に関しては、一見デメリットのように考えることもできますが、日本でも退職金制度がある企業はそもそも少ないため、大きな問題ではないと思ってます。

僕が現在日本で勤めている会社は、最近になってようやく退職金制度ができ、勤務歴10年以上でようやく年収の20%相当の退職金をもらえるルールとなってます。少なすぎる。

【重要】日本、シンガポール就職パターンで手取り額を検証してみた!

①日本に住む27歳日本人男性サラリーマンAさん

給与 40万円
社会保険料 6万円
住民税 1万9千円
所得税 1万2千円

———————————————————————

手取り合計 30万9千円


②シンガポールに住む27歳日本人男性サラリーマンBさん

給与 40万円
社会保険料 0円(※会社が加入)
住民税 0円(※年明けにまとめて請求)
所得税 8千円

———————————————————————

手取り合計 39万2千円

※上記は扶養家族なし、独身を想定。

同じ給与額面で働いていても実は手取り額に圧倒的な差があります。

シンガポールの場合、稼いだ給与のほとんど満額がポケットに入ってくるのです。

今回は海外在住を理由に日本の住民票を抜き、住民税を支払っていない想定

海外在住時に日本の住民票を抜くメリットについては、こちらの記事で説明しております。【入門】シンガポール移住時に住民票を抜くべき理由【海外移住者向け】

【まとめ】手取りが多く、残業文化もない

シンガポール就職の最大のメリットは手取りが大きいこと

さらに日本と異なり、残業する文化もなし。(※日系企業を除く)

普段からほとんどのシンガポール人、外国人が定時に上がることは有名な話。

自分の好きな南国で生活できて、手取りも多く定時に上がれる3拍子揃ってます。

但し、家賃は高いので、注意が必要。

20代後半でシンガポール就職に興味がある方は、こちらの記事を読むと年収のイメージを掴めます。【最新】シンガポール就職の平均年収【20代後半向け】

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某IT企業勤務(福岡)の南国好きサラリーマン。 2021年1月~シンガポール就労に向け準備中。 南国生活GETまでのリアルを当ブログにて発信中。 英語学習、海外旅行が大好きです。