海外移住時の荷物はどうする?日本で荷物を保管する方法を解説!

荷物保管の写真
Kyon
こんにちは、2021年からシンガポール(現地採用)で働くKyonです。

「これから海外に移住するけど、大きな家財はどこに保管したら良いんだろう。」

海外移住時には、日本に戻った時にすぐに使えるように、「家財道具の保管場所」を考えなければいけません。結論から申し上げると、海外移住時の家財道具の保管は、「トランクルーム」がおすすめです。

本記事では、2021年からシンガポールの外資系企業で働く筆者が「海外移住時に日本で荷物を保管する方法」について詳しく解説していきます。

これから海外移住前の荷物保管を検討している方は、ぜひ読んでみてください。

海外移住前の不用品売却については、こちらの記事で解説しています。

海外移住時の不用品の写真

海外移住時の荷物はどうする?引越し前にやるべき不用品販売とは

07/12/2020
家財の写真

海外移住が決まると、まずは「家財道具の保管場所」を考えなければなりません。

そのままずっと海外に住み続ける人は、家族や友人に家財を引き取ってもらうという選択肢がありますが、いずれ日本に帰ってくる予定の人は、家財を国内のどこかに保管しなければなりません。

次の項では、「海外移住時の荷物保管の方法」を解説していきます。

海外移住時の3つの荷物保管の方法

家財保管の3つの方法の写真

海外移住時の荷物の保管方法は、主に以下の3つの方法が考えられます。

①実家に保管
②自宅に保管
③トランクルームに保管

1つずつ解説していきます。

実家に保管

海外移住時の荷物保管の1つ目の方法は、「実家に保管すること。」があります。

荷物保管のための固定費が一切かからず、信頼性の高い家族にもみてもらえるため、可能であれば1番選びたい保管方法です。

自宅に保管

海外移住時の荷物保管の2つ目の方法は、「自宅に保管すること。」があります。

既に持ち家である、賃貸であっても経済的に余裕がある人が対象になります。

但し、固定資産税家賃などの固定費がかかることがデメリットとしてあります。

トランクルームに保管

海外移住時の家財保管の3つ目の方法は、「トランクルームに保管すること。」

最近は、リーズナブルな価格で、屋外コンテナに家財を保管することができる便利な時代です。

「用途に合わせて広さを選択できる」のが、利用者にありがたいポイントです。

海外移住時の荷物保管なら、加瀬のレンタルボックスが人気!

加瀬のレンタルボックスの写真

海外移住時の荷物保管方法を3つ目の選択肢である「トランクルーム」に決めたなら、「加瀬のレンタルボックス」が大人気でおすすめです!

加瀬のレンタルボックスは、24時間いつでも荷物を出し入れ可能なため、海外出発直前での搬入作業、急な帰国による搬出作業にも柔軟に対応することができます。

また荷物を預けるコンテナサイズは、0.7帖〜8帖まで幅広い選択肢を取り揃えているため、利用者の用途に合わせて、お得に荷物を預けることができます。

海外移住時の荷物保管は利便性高く、安心できる業者に!

加瀬のトランクルームの写真

今回は、「海外移住時に日本で荷物を保管する方法」について解説してきました。

海外移住時に荷物の保管場所に困っている方は、24時間荷物の出し入れができる利便性の高さ全国にサービス展開している信頼性の高さを基準に「トランクルーム」を選択されることをおすすめします。

加瀬のレンタルボックスは、全国1,300ヶ所、65,000室以上あり、北海道から九州まで、あなたのお住まいのお近くの場所を選択することが可能です。

またお申込は、「ネットで最短10分!」。面倒な書類の記入や郵送は一切ありません。しかもレンタルボックスなら、「ネット申込完了から最短10分で利用開始」という驚異のスピードを誇ります!

加瀬のレンタルボックスは、特に「日本出国前のスケジュールが忙しい人」には、ぴったりのサービスです!スムーズに荷物保管の手続きを進めて、心地よく海外へ飛び立っていきましょう。

>>加瀬のレンタルボックスHPはこちら

ネット申込限定割引

ネット申込限定割引の写真

今なら加瀬のレンタルボックスをネットでお申込すると、帖数に関わらず一律で月額1,100円割引を受けられます。たった10分で簡単に申し込めて、月額割引も適用できる!」使わない手はありません。

加瀬のレンタルボックスを使うなら、ネットでお申込することをおすすめします。

荷物保管の写真