退職代行ガーディアンってどうなの?失敗しない理由も解説

退職代行ガーディアンの写真
Kyon
こんにちは、2021年からシンガポール(現地採用)で働くKyonです。

「今すぐに日本の会社を辞めたいのに辞められない。」という人は多いと思います。

それは、上司に言いづらかったり、重要なプロジェクトに参画していたり、そもそも会社に行きたくなかったりと様々な原因があると思います。

そこで便利なのが、自分の退職手続きを業者に全て任せることができる「退職代行サービス」です

退職代行サービスを利用すると、退職希望者が会社(オフィス)に行かずとも、会社を退職することができます。

しかしながら、世の中には数多くの退職代行業者が存在し、中には高額請求をしてくる業者がいるため、信用ができない退職代行サービスが存在するのも事実です。

この退職代行サービス選びが非常に悩ましく、また大切な作業となります。

本記事では、確実に退職したい人向けに、退職代行サービスのガーディアン」を紹介いたします

今回ご紹介する退職代行ガーディアンは、信頼性の高い退職代行業者の一つです。

>>退職代行ガーディアンに登録する

退職代行ガーディアンの写真

退職代行サービスガーディアンの運営元は、東京労働経済組合です。

東京労働経済組合は、1999年設立と20年以上の歴史がある労働組合です。

代表の長谷川氏は東京労働経済組合の執行委員長も務めており、このことから安心できる組織であることがわかります。

東京労働経済組合の写真

退職代行ガーディアンとは?

退職代行ガーディアンは、東京都労働委員会認証の合同労働組合により運営されている退職代行サービスで、簡単低費用確実」を強みにしています。

全国即日対応可能で、スピード感を持って相談に乗ってくれるのが最大の特徴です。

サービス利用料金は、正社員・アルバイト・パート一律で29,800円(税込)とわかりやすい料金設定になっています。

会社に辞めることを言いづらい人にとっては、「たった3万円で退職できる。」というのは、すごくコスパが良いサービスだと思います。

退職代行ガーディアンを使うと、退職に失敗しない3つの理由

失敗しないの写真

退職代行ガーディアンを使うと、退職に失敗しない理由は以下3つの通りです。

①労働組合であること
②代理交渉権があること
③低費用で手続きがシンプル

1つずつ解説していきます。

労働組合であること

民間企業の提供する退職代行サービスの場合、退職の意思を会社側に伝えることはできるのは当然のことです。

しかしながら、それ以上の交渉ごとをすることができません。

労働組合の場合、会社側に退職の意思を伝える+aの対応が可能となります。

完璧な退職手続きを進めたい方は、労働組合の退職代行サービスを利用することをおすすめします。

代理交渉権があること

労働組合法第6条に基づき、労働組合には労働者の代理交渉権が与えられています。

つまり、労働者の代わりに例えば有給を行使したい、残業代を払ってほしいなどの交渉ごとをしてくれるということです。

労働者が会社側に言いづらいことを退職代行ガーディアンが代弁してくれます。

低費用で手続きがシンプル

退職代行ガーディアンは、29,800円(税込)で追加費用は一切かかりません。

またオフィスに行くことなく、全ての退職手続きを完了することができます。

退職手続きに関しても非常にシンプルで、迷う必要性が一切ありません。

退職代行サービスの具体的な手続きに関しては、次の項で解説していきます。

退職代行ガーディアンの利用までの流れ

料金と利用までの流れの写真

退職代行ガーディアンの利用までの流れは、以下3ステップと非常にシンプルです。

  1. 無料相談(LINEもしくは電話)
  2. 料金支払(クレカもしくは銀行振込)
  3. 退職手続き開始


会社を辞めることに関して、一人で抱え込む必要は一切ありません。

悩む時間があれば、まずは無料相談で話を聞いてもらいましょう。

話を聞いてもらった上で、信頼できる退職代行業者と判断できれば、料金を支払って、退職の手続きを進めていきます。

まずはLINEで退職代行ガーディアンに無料相談してみる!

まずはLINEで無料相談の写真

今回は、「退職代行ガーディアン」について紹介したしました。

退職代行ガーディアンなら、「仕事がつらい理由」「今すぐ仕事を辞めたい理由」を気軽に相談することができます。

また退職が完了するまでは、LINEと電話で回数無制限で対応してくれるため安心です。

心と体が壊れる前に、利用できるサービスは最大限活用することをおすすめします!

退職代行ガーディアンの写真