【最新版】海外就職に役立つ資格はコレ!(持っておいて損なし)

海外就職の資格の写真
Kyon
こんにちは、2021年からシンガポール(現地採用)で働くKyonです。

「将来的に海外で働きたい。」「海外就職で自分を試し、キャリアを積みたい。」こんな考えをお持ちで、資格取得の検討をされていますでしょうか?

結論から申し上げると、資格を持っていなくても、海外で働くことは可能です。なぜなら、海外就職においては、資格よりも職務経験の方が重要視されるからです。

しかし、企業へのエントリー時に、「保有している資格を掲載すること」は企業へのアピールの手段として有効でもあります。ですので、資格はないよりはあった方が武器になることは間違いありません。

本記事では、2021年からシンガポールで働く筆者が「海外就職時に役立つ資格」について詳しく解説いたします。

海外就職において、資格は必要?

資格は必要の写真

結論から申し上げると、海外就職において資格は必要ありません。その証拠に一切資格を持たない状態で海外で大活躍している日本人はたくさんいます。

海外就職時に一番重要になるのは、「応募者のスキルや職務経験」になります。海外の現地企業は、基本的にこの2つの指標で「応募者が会社にとって必要か?」を判断します。そのため、資格は必ずしも保有すべきものとは限りません。

ただし資格を持っておいた方が、海外就職時に少しだけ有利に選考を進めることができます。理由は、履歴書にほんの少しだけ資格情報を掲載することで、他の応募者との差別化ができるからです。

そのため、もしあなたが海外就職までに時間的な余裕があるのであれば、日本国内で持っていて損がない資格を取得することを検討してもいいかもしれません。

海外就職時に有利な言語系の資格

言語系資格の写真

海外就職時に有利な言語系の資格は、王道ではありますが、「TOEIC」です。特に登録している転職エージェントが日本人担当者の場合、TOEICのスコアが求人案件を紹介する重要な一つの指標になります。

外資系企業への転職の場合、グローバルな言語系資格として「TOEFL」や「IELTS」が便利だったりもするのですが、とりあえず最低限保有しておいて便利な言語系の資格は、「TOEIC」になります。

TOEICスコアがあれば、転職エージェントも応募者の英語力を把握しやすいですし、採用する企業も一つの指標として判断がしやすくなります。日系、外資系問わず持っておいて有利な言語系の資格はTOEICです。

海外就職時に有利な専門職系の資格

専門職の写真

海外就職時に有利な専門職系の資格は、例えば以下のようなものがあります。

・美容師免許
・調理師免許
・日本語教師
・通関士

これらの資格は、海外就職時に必要な就労ビザがおりやすくなったり、求人案件の条件を満たしたりすることがあります。

いわゆる手に職系の職種がやはり海外就職においても強いことがわかると思います。ちなみに英語ができなくても、専門性が高いことで海外就職することは可能です。

こちらの記事では、「手に職をつけると、海外就職に有利な理由」に関して、詳しく解説しています。合わせて、ご覧ください。

手に職の写真

手に職をつけると、海外就職に有利って本当?シェフ、美容師など

06/05/2020

海外就職時に資格は持ってて損はない!

キャリア形成の写真

今回は、「海外就職時に役立つ資格」について解説してきました。改めてにはなりますが、一切資格を持っていなくても、海外で働くこと自体は可能です。

しかし、海外就職時に企業側にアピールできる資格に関しては、持っていて損はありませんし、時にそれは武器になります。

そのため資格よりも「職務経験」の方が重要視されることを頭の片隅に入れつつ、就職活動を進めていって問題ありません。

とはいえ、海外就職をするまでにまだまだ時間がある人は、手取り早く受験可能なTOEICなどの言語系の資格を取得しつつ、海外就職に備えるのがいいと思います。

海外就職ではやはり英語力が重要なスキルになりますので、自分のスキルを測る上でも良い機会になると思います。

こちらの記事では、「海外就職に必要な英語力」について詳しく解説しています。

海外就職の英語力の写真

海外就職に必要な英語力はどの程度?効率的な英語学習法も伝授

10/22/2020
 
海外就職の資格の写真

ABOUTこの記事をかいた人

Kyon

某IT企業勤務(福岡)の南国好きサラリーマン。 2021年7月~シンガポール就労に向け準備中。 南国生活GETまでのリアルを当ブログにて発信中。 英語学習、海外旅行、草野球が大好きです。