【日本語のみOK】英語ができなくても、海外就職できる!

日本語のみで海外就職
Kyon
こんにちは、2021年からシンガポール(現地採用)で働くKyonです。

「海外で働いてみたいけど、日本語しか使えないから無理だろうな。。。。」

今こんなお悩みを抱えていませんか?

さきに結論から申し上げると、海外には日本語のみで働ける求人案件があります。

そのため、あなたが海外で働く夢はそう簡単に諦めなくてもよさそうです。

あなたが全く英語を話せない状態でこれから海外で働きたいと考えているなら、まずは「日本国内の外資系企業に転職する」or「海外で日本語のみで働ける職種に転職する」のいずれかを推奨します。

なぜなら、日本国内で給料を貰いながら語学力を高めたり、海外の現地で積極的にコミュニケーションをとりながら語学力を高めることができるからです。

海外で働くと言うと、語学力が全てと思われがちですが、実はそうでもありません。

そのくらい海外就職というのは、実はハードルがそんなに高くないんです。(日本で働く時と比較して、待遇が良くないなどの問題はあるかもしれませんが。。)

もちろん語学力がある方が、海外就職の職種やできる仕事の幅は広がります。

本記事では、2021年からシンガポールで働く筆者が「日本語のみで海外就職できる理由と日本語のみで働ける海外の求人案件」について詳しくご紹介していきます。

ちなみに2021年からシンガポールで働く筆者は海外就職支援に強い「JACリクルートメント」に登録し、無事にシンガポールで就職をすることができました。

>>JACリクルートメントに無料登録する

日本語しか使えなくても、海外で働くことはできるの?

空港の写真

結論から申し上げると、日本語しか使えなくても、海外で働くことはできます。

なぜなら、海外の現地企業や日系企業では、事業として「日本人が必要なポジションが必ず空いている」からです。

特に海外現地で日本人向けにサービスを提供する会社や海外からリモートで日本人のサポートをする会社などに、日本語のみで働けるポジションが多い傾向にあります。

日本人であるアイデンティティを最大限に活かして、海外で働くことはできます。


とはいえ、あなたが中長期的に海外で働きながら暮らしていきたいなら、常に英語力は磨いておいた方がいいです。

なぜなら、海外で日本語しか使わない職種は、基本的に外国語でコミュニケーションを取らないので、あなた自身の今後の仕事の幅が広がりにくいからです。

日本語しか使えなくても、海外で働くことはできますが、サラリーマンとしてよりよい条件で働きたいなら、まず英語力を磨いておくに越したことはありません。

日本語のみで働ける海外の求人案件まとめ

求人案件の写真

日本語のみで働ける海外の求人案件には、例えば以下のような職種があります。

日本語のみで働ける職種
・日本食レストランのウェイター
・日本食レストランのシェフ
・日系企業の営業
・日系企業の事務
・留学斡旋会社
・日本人向け旅行会社
・日系ホテル
・日系幼稚園・保育園
・日本語教師
・コールセンター

これらの職種の共通として、「日本人向けのサービスや日本好きの外国人向けのサービス」ということが挙げられます。

例えば、日本人向け旅行会社であれば海外旅行をする日本人向けに提供するサービスですし、日本食レストランであれば日本が大好きな外国人向けのサービスです。

このように海外でも実は“日本語のみ”で働けるたくさんの職種があります。

英語ができないけど、海外で働きたい方は、今すぐにでもチャレンジできる職種はあるということを覚えておきましょう。


すでに日本国内で職務経験がある方は、給料が下がってしまう可能性が十分にありますが、海外で悠々自適に暮らしたいなら、確実に幸福度は上がると思います。

日本語しか使わないのに、割と高給な海外の求人案件

寿司職人の写真

海外で日本語しか使わない職種は、あまり待遇が良くないイメージがあるはず。

例えば、日本人向けのコールセンターや日本人向けの幼稚園や保育園など。

しかし、日本語のみなのに、割と高給な海外の求人案件は意外とあります。

それは、「手に職系の職種」です。


これらの職種はあなたの高い専門性を活かしつつ、日本人としてのアイデンティティを最大限活かすことができます。

例えば高級な海外の求人案件の代表例として、「高級寿司レストランのシェフ」や「海外のセレブが通うネイルサロンのネイリスト」などが挙げられます。

お金が集まるところでスキルを最大限活かして働くと、給料は高くなりやすいです。

あなたが海外で高給を得たいなら、こういった手に職系の職種も狙うべきです。

「手に職をつけると、海外就職に有利な理由」については、こちらで紹介してます。

手に職で海外就職

手に職をつけると、海外就職に有利?シェフ、美容師など【必見】

06/05/2020

日本語しか使えなくても、海外就職はできる!

JACリクルートメントの写真

今回は、「日本語のみで海外就職できる理由と日本語のみで働ける海外の求人案件」についてご紹介してきました。

日本語のみで働ける職種
・日本食レストランのウェイター
・日本食レストランのシェフ
・日系企業の営業
・日系企業の事務
・留学斡旋会社
・日本人向け旅行会社
・日系ホテル
・日系幼稚園・保育園
・日本語教師
・コールセンター

一般的に英語が使えないと海外で働けないとイメージされがちですが、日本語しか使えなくても海外就職は実現できます。

また日本人としてのアイデンティティとスキルを最大限に活かして、日本語のみで海外で高給な職種につくこともできます。

「自分の好きな国で自分の好きなように働くこと。」難しいように聞こえるかもしれませんが、誰しもが平等に持っている権利で、実現可能性は無限大です。

「今日本企業に勤めているけど、精神的に辛い。」「海外でどうしても働きたい。」

こんな方は英語ができなくても、自分の理想の生活に一歩でも近づくために、海外就職を検討されることを推奨します。

とはいえ、英語がまったくできない状態で海外就職すると、あなたの海外での職種の幅が広がりづらいので、まずは日本国内で外資系に勤めながら、海外就職の疑似体験をするのも賢明な選択だと思います。

筆者が英語を話せない状態で、将来的に海外就職を目指すなら、まずは日本国内の外資系でプチ海外就職体験をして、海外で待遇の良い職種を目指すはずです。

外資系企業転職のメリット

外資系企業に転職する3つのメリット【もう日系企業に戻れない】

07/04/2020
日本語のみで海外就職

ABOUTこの記事をかいた人

某IT企業勤務(福岡)の南国好きサラリーマン。 2021年~シンガポール就労に向け準備中。 南国生活GETまでの過程を当ブログにて発信中。 英語学習、海外旅行、草野球が大好きです。