外資系企業に転職するなら、JACリクルートメントを使うべき!

JACリクルートメントの外資系
Kyon
こんにちは、2021年からシンガポール(現地採用)で働くKyonです。

外資系企業に転職するため、JACリクルートメントの登録を検討されていますか?

さきに結論から申し上げると、「JACリクルートメントは外資系企業への転職支援に強い転職エージェント」です。

あなたの判断は間違っていません。今すぐJACリクルートメントに登録しましょう!

国内外問わず、本気でキャリアアップを目指している方が、外資系企業に転職したい場合に、まず登録しておきたい転職エージェントが「JACリクルートメント」です。

本記事では、2021年からシンガポールで働く筆者が「外資系企業に転職するなら、JACリクルートメントを使うべき理由」についてわかりやすくご紹介いたします。

>>JACリクルートメントに無料登録する

JACリクルートメントが外資系企業転職支援に強い理由

外貨の写真

JACリクルートメントは、外資系求人案件をはじめとする年収600万円以上のミドル・ハイクラス求人案件を多く紹介してくれる日系の総合転職エージェントです。

JACリクルートメントが外資系企業の求人案件に強い最大の理由は、イギリスのロンドンでの創業以来、日本国外のJACリクルートメントのグループ企業と業務提携をおこない、国内外の企業と独自のネットワークを強固に築いてきたからです。

ちなみに国外のネットワークは、イギリス・ドイツ・シンガポール・マレーシア・インドネシア・タイ・中国・香港・韓国・ベトナムなど12拠点に広がります。

JACリクルートメントの写真

JACリクルートメントは、世界各地に独自の強いネットワークがあるため、日本国内の外資系企業への転職支援に強いです。

ちなみに外資系企業の求人案件に強いJACリクルートメントは、海外就職に挑戦したい方にも最適な転職エージェントです。

これから海外で働きつつキャリアアップをしたい方は、こちらもご覧ください。

JACリクルートメント

JACリクルートメントが海外就職に強い3つの理由!実績も公開!

06/27/2020

対企業との交渉力が強い

JACリクルートメントが外資系企業転職に強い理由の一つとして、「対企業との交渉力が非常に強い」ことがあげられます。

他社の転職エージェントが持っていない非公開案件を紹介してくれたり、企業側に年収の交渉を粘り強くしてくれたりします。

また、たとえ応募者がスキル不足でも、企業側に「ポテンシャル採用は可能か?」などを積極的に投げかけてくれます。

年収交渉とポテンシャル採用可否に関しては、JACリクルートメントが先方(企業)の人事担当者と関係構築ができている証拠でもあるので、応募者としても心強いです。

外資系企業に対しても、臆することなく積極的に交渉する力があるのが、JACリクルートメントの強みで、外資系企業に強いということは、ひいては高年収の求人を狙いやすいということにも繋がります。

外資系企業転職に強いJACリクルートメントに登録すべき人

外資系転職者の写真

外資系企業への転職支援に強いJACリクルートメントは、まずは以下いずれかに該当する人に登録をおすすめします。

JACリクルートメントに登録すべき人
☑︎高学歴の転職希望者
☑︎ハイキャリアな人
☑︎管理職希望者

いずれかに1つでも該当したら、JACリクルートメントの登録を検討しましょう。

では、1つずつ解説していきます。

高学歴の転職希望者

JACリクルートメントの外資系転職求人は、高学歴な応募者を好む傾向にあります。

実際に、筆者がはじめてJACリクルートメントの担当者と面談した際には、

・学歴
・社会人歴

の2点を基準に外資系企業転職時の最低年収(市場価格)を算出されました。

高学歴であればあるほど、JACリクルートメントの利用時に有利に働きます。

とはいえ、高学歴でなくても、職務経験がある方はJACリクルートメントを経由しての転職活動に有利に働きます。

JACリクルートメントの写真

JACリクルートメント登録に学歴は必要?職歴の方が重要な理由

10/19/2020

ハイキャリアな人

JACリクルートメントの外資系求人案件は、ハイキャリアな人を好む傾向にあります。

JACリクルートメントの求人には、年収600万円以上の案件が豊富にあります。

JACリクルートメントから紹介してもらう求人案件の中には、35歳以上の場合は1,000万円以上の求人案件も多いと聞きます。

次のキャリアステップを熟考して、まずはJACリクルートメントに登録し、利用する人が多いイメージです。

管理職希望者

上記2つの要素と重複する部分がありますが、JACリクルートメントでは「高学歴×ハイキャリア人材」向けの管理職の求人案件が圧倒的に多いです。

JACリクルートメントには、20代後半〜50代まで年代ごとに管理職として活躍できる案件が豊富にあります。

次の転職先で管理職のポジションに就きたい方は、JACリクルートメントを最大限に活用することを推奨します。

>>JACリクルートメントに無料登録する

外資系転職支援に強いJACリクルートメントの口コミは?

評判の写真

JACリクルートメントの口コミでよく目にするものとして、「応募者に対するサポートの質の高さ」があげられます。

例えば、企業へのエントリー時に提出するレジメの修正箇所を細かくアドバイスしてもらえたり、求人案件の裏事情を教えてもらえたり、とにかく丁寧なサポートを受けられるという内容の口コミが多いです。

筆者もJACリクルートメントにお世話になっているのですが、その「サポートの質の高さ」を身を以て感じている一人です。

少し余談ではありますが、JACリクルートメントのキャリアアドバイザーは、入社する難易度が高いという噂を聞きます。

筆者も実際に利用していて感じるのですが、キャリアアドバイザーがとにかく優秀で、レスが早く、情報が的確、そして各業界の知識に詳しいので、安心して就職活動を進めることができます。

JACリクルートメントを最大限活用する方法

ここでJACリクルートメントを最大限活用するポイントを3つご紹介します。

  1. 登録後、初回面談にすぐ参加
  2. キャリアアドバイザーを最大限活用
  3. 自分の条件を曲げない


上記のポイントはとても大事です。

1つずつ解説していきます。

1. 登録後、初回面談にすぐ参加

初回面談に参加する人から、優先的に求人案件を紹介してくれます。

なぜなら、転職意欲の高い人から優先的に対応していった方がJACリクルートメントの売上に直結するからです。

彼らがあくまで営利を目的としている集団ということを忘れないようにしましょう。

2. キャリアアドバイザーを最大限活用

現代は、メールやスカイプでいつでも連絡を取ることができる便利な時代です。

これらの便利なツールを活用しつつ、キャリアアドバイザーと密に連絡を取り、関係構築をしつつ、自分に有利になるよう就職活動を進めていきましょう。

キャリアアドバイザーは情報収集のプロ集団です。プロ集団から直接的に多くの情報を収集することで、スムーズに転職活動を進めることができます。

3. 自分の条件を曲げない

自分の希望業界、希望職種、希望年収の条件を曲げないことは、転職活動を成功させる上で非常に大切な考え方です。

なぜなら、妥協して満足できない環境で働いてしまうと、仕事に興味を持てなくなり、しんどくなってしまうからです。

筆者の場合、IT業界で営業もしくはWEBマーケティング職、年収700万円以上、という条件を曲げずに就職活動をしました。

外資系企業に転職したいなら、まずJACリクルートメントに無料登録しよう!

オフィスビルの写真

今回は、「外資系企業に転職するなら、JACリクルートメントを使うべき理由」について詳しく解説いたしました。

国内外問わず、本気でキャリアアップを目指している方が、外資系企業に転職したい場合に、まず登録しておきたい転職エージェントが「JACリクルートメント」です。

JACリクルートメントに登録すべき人
☑︎高学歴の転職希望者
☑︎ハイキャリアな人
☑︎管理職希望者

また他の転職エージェントにもおいても言えることですが、転職エージェントに登録して、転職活動をする際には、応募者の金銭的な負担は一切かかりません。

なぜなら、JACリクルートメントは企業に応募者を紹介し、無事に内定した時点ではじめて企業から紹介料をもらうからです。

そのため、将来の転職の予定を考えていない方においても、今の「自分の市場価値を判断する」基準にすることができます。

外資系企業で働きつつ、キャリアアップを目指したい方は、まずはJACリクルートメントに登録してみてはいかがでしょうか。

JACリクルートメントの外資系

ABOUTこの記事をかいた人

某IT企業勤務(福岡)の南国好きサラリーマン。 2021年~シンガポール就労に向け準備中。 南国生活GETまでの過程を当ブログにて発信中。 英語学習、海外旅行、草野球が大好きです。