JACリクルートメント登録に学歴は必要?職歴の方が重要な理由

JACリクルートメントの写真
Kyon
こんにちは、2021年からシンガポール(現地採用)で働くKyonです。

「JACリクルートメントは、低学歴だと登録できないの?」「JACリクルートメントは、登録者の学歴を最も重視しているの?」

これから国内の外資系企業転職や海外就職を目指している方から、よくこのような悩みや評判を聞くことがあります。

特にJACリクルートメントはミドル・ハイクラス向けの転職支援と謳っていることもあり、そのように感じる方が多いようです。

さきに結論から申し上げると、JACリクルートメントを利用する上では、あなたの「学歴」よりも「職歴」が重要になります。

そのため、JACリクルートメントの登録を「自分には学歴がないから。。。」と諦めているようなら、あなたは転職活動において確実に機会損失をしてしまいます。

JACリクルートメントを利用するのに、必ずしも学歴が必要になるとは限りません。

本記事では、2021年からシンガポールで働く筆者が「JACリクルートメントの登録に学歴は必要か?学歴よりも職歴が重要な理由」についてわかりやすく解説いたします。

自分の学歴を気にしすぎて、まだJACリクルートメントに登録ができていない方は、今すぐJACリクルートメントに無料登録をして、早速転職活動を始めていきましょう。

JACリクルートメントは、年収600万円以上のミドル・ハイクラス向けの求人を取り扱う大手転職エージェントです。

>>JACリクルートメントに無料登録する

さきに正直ベースで結論を申し上げると、JACリクルートメントを登録するにあたって、”学歴”は必要ではありません。

なぜなら、当たり前のことではありますが、学歴があるからといって、100%仕事ができる人間とは限らないからです。

世の中には学歴が高くても、仕事ができない人間がたくさんいます。

確かに転職エージェントにとって「学歴」は必要な情報源の一つにはなりますが、そこまで重要なものではありません。

その証拠にJACリクルートメントの登録者の中には、Fラン大学や専門学校卒の方が多く登録しており、実際にJACリクルートメントを経由して、外資系企業転職や海外転職に成功した事例をよく耳にします。

しかし海外就職においては、“大卒資格を保有すること”が就労ビザ発給の条件となることがあるので注意が必要です。

>>JACリクルートメントに無料登録する

JACリクルートメントを利用するにあたって、学歴よりも”職歴”が重要になる理由

職歴の写真

JACリクルートメントを利用するにあたって、「学歴よりも職歴が重要になる理由」は、転職エージェントが知りたい応募者の基本情報をみれば一目瞭然です。

転職エージェントが知りたい情報
・応募者のスキル
・応募者の職歴
・応募者の年収
・管理職の経験有無

上記の情報からもわかる通り、基本的に転職エージェントでは、「すでに職務経験があり、次にキャリアアップしたい方」をメインに転職支援のサポートをしています。

なぜなら、一般的に転職市場においては、ただ単に学歴が高い人よりも職務経験が豊富な人の方が圧倒的に価値が高い人材という判断が下されることが多いからです。

学歴よりも職歴がある人の方が圧倒的に転職活動に有利と言い切ることができます。

つまり、学歴よりも職歴がある方がJACリクルートメントを利用するべきです。

極端な例にはなりますが、ジェネラリストよりもスペシャリストの方が企業にとって即戦力になる可能性が非常に高く、スペシャリストは“職歴が豊富な方”に多いです。

手に職で海外就職

手に職をつけると、海外就職に有利?シェフ、美容師など【必見】

06/05/2020

JACリクルートメントで学歴が有利に働くケース

学歴重視の写真

ここまでJACリクルートメントでは“学歴は重視されないこと”を説明してきました。

しかしながら、JACリクルートメント(転職エージェント)を利用するにあたって、“唯一学歴が有利に働くケース”があります。

それは応募者が「第二新卒」の時です。

大学卒業後に一度就職をして、1年未満〜3年以内に離職することを「第二新卒」と呼びます。(Wikipedia)

第二新卒は職務経験やスキルがない分、企業の採用基準は”学歴”のみになります。

この場合、ポテンシャル採用という形で高学歴の方が採用される可能性は高くなるので、あなたが第二新卒で転職する場合はあなたの”学歴”が有利に働くことでしょう。

第二新卒で高学歴な方は、国内外問わず転職活動で“学歴”をアピールしましょう。あなたが高学歴で職歴がないなら、高学歴という唯一の武器を使わない手はありません。

こちらでは、「第二新卒が海外就職する方法」について詳しく解説しています。

第二新卒で海外就職

第二新卒でも海外就職できる?社会経験が浅い人の真の価値!

06/07/2020

JACリクルートメントに登録すべき方(登録無料)

JACリクルートメントの写真

今回は、「JACリクルートメントの登録に学歴は必要か?学歴よりも職歴が重要な理由」について詳しくご紹介してきました。

JACリクルートメントに登録するにあたり、学歴は必ずしも必要ではありません。

なぜなら、JACリクルートメントでは、応募者の学歴よりも“職歴”を重視するからです。

これまでのあなたのキャリアでの実績や職務経験などがあなたの評価に繋がります。

しかし唯一職務経験が浅い第二新卒者にとっては、学歴が大きな後ろ盾になってくれるので、高学歴が有利に働くこともあります。

JACリクルートメントは、以下いずれかに該当する方に最適な転職エージェントです。

JACリクルートメントが最適な方
・外資系企業で働きたい
・年収を上げたい
・キャリアアップを狙いたい
・職歴が豊富な方
・海外で働きたい

JACリクルートメントは、年収600万円以上のミドル・ハイクラス向けの求人を取り扱う大手転職エージェントです。

特にこれまでの職歴に自信があって、次の転職先でもキャリアアップをしたい(年収を上げたい)方にとって、「JACリクルートメント」は最適な転職エージェントです。

上記いずれかに該当する方は、あまり自分の学歴を気にせず、まずはJACリクルートメントに無料登録することを推奨します。

JACリクルートメントに登録することによって、あなたの将来のキャリアの選択肢が大きく広がることは間違いありません。

実際に筆者自身も人生初めての転職でJACリクルートメントを利用して、大きくキャリアの選択肢を広げることができました。

無料登録が完了したら、JACリクルートメントの担当者と個別面談をして、あなたの今後のキャリアについて相談しましょう。

JACリクルートメントの写真