【海外就職】転職エージェントってどうなの?実際に利用してみた!

転職エージェントの写真
海外就職希望者
海外に転職する場合、転職エージェントは使うべき?転職エージェントを利用するメリットが知りたい。

本日はこんな疑問に答えていきます。

転職エージェントの役割とは?

エージェントの写真

転職エージェントの役割は、海外就職希望者と海外の企業を仲介することです。海外就職希望者は自分が適した業界・ポジションで働きたいと考え、企業側は社内で長期間活躍してくれる人材を雇用したいと考えます。

海外就職希望者はお金がかかる?

海外就職希望者がお金を払う必要はありません。理由は、転職エージェントは契約する企業からの手数料の支払いでビジネスが成り立っているから。

具体的には、就職希望者が転職エージェントに入社することで、希望者の前職の年収に応じた手数料が企業から転職エージェントに支払われます。一般的には、年収の約3割が手数料になると言われています。

海外就職に強い転職エージェント3選

海外就職希望者の写真

一般的に、海外就職に強いことで有名な転職エージェント3社は以下となります。

 

上記3社は、海外の現地外資系企業や海外に進出している日系企業と強いネットワークを築いています。それぞれ得意とする国、地域や業界がありますので、状況に応じてつまみ食いしながら活用することをオススメします。

転職エージェントを利用する3つのメリット

面談の写真

転職エージェントを利用するメリットは以下の3つです。

  • 短期間で就職できる
  • ローカル情報を入手できる
  • 非公開案件を紹介してもらえる

 

短期間で就職できる

自力で転職活動をするより、短期間で就職ができます。海外転職エージェントの場合、エージェントに登録した時点で担当者がつきます。そして、担当者が自分の希望に合った求人案件を紹介してくれます。

自分で一つ一つの企業を目に通して調べていくよりも、紹介してくださった案件を精査していくだけなので、非常にスムーズに就職活動を進めることができます

ローカル情報を入手できる

海外就職する国、地域に応じたローカル情報を入手できます。転職エージェントの担当者は、実際に現地に住んで生活をしている、海外就職のプロです。

彼らからインターネットでは検索できない現地ならで情報を聞くことで、海外就職・海外生活の不安を取り除くことができます

非公開案件を紹介してもらえる

非公開案件とは、インターネット上に掲載のない求人案件のことです。転職エージェントの強みは非公開案件を多く持っていることです。

彼らが長年積み上げてきた実績とネットワークでこの非公開案件は存在します。転職エージェントのみを介して、求人を公開している企業も存在するようです。

転職エージェントを利用する3つのデメリット

悩む写真

転職エージェントを利用するデメリットは以下の3つです。

  • 内定率は上がらない
  • 希望する職種以外も紹介される
  • 実際の仕事環境はイメージできない

 

内定率は上がらない

転職エージェントを利用したからといって、必ずしも内定率が上がるわけではありません。もちろん、転職エージェントは選考時のサポートを最大限してくださるのですが、結局企業に応募をするのは自分自身です。

転職エージェントを頼りっきりにせず、自分自身の言葉で入社したい意思を述べましょう。主体性を持ち、転職活動を行いましょう。

希望する職種以外も紹介される

転職エージェントの収益モデルは、就職希望者がエージェントが紹介した入社すると、企業側から手数料を支払われる仕組みです。

場合によっては、転職エージェントの都合で求人紹介が行われる可能性も少なくはありません。実際に会社に入社してから、求めていたものと何か違う。とならないように注意しましょう。

実際の職場環境はイメージできない

海外就職は、日本国内で十分に完結できます。エントリーから最終面接まで全てオンラインで実施する企業が多いからです。一方で、どういった職場環境なのか実態を確認することができません。

職場環境が不安な方は、就職前に旅行を兼ねて実際に現地訪問することをオススメします。選考が進んでいる場合、企業の人事担当者に掛け合って、オフィス見学まで出来れば理想です。

転職エージェントを利用してみた感想

感想の写真

僕の転職エージェント3社を利用してみた感想は以下の通りです。

  • 日系企業に強い転職エージェント、外資系企業に強い転職エージェントに分かれる
  • 年収、学歴を必ずみられる
  • マネジメント経験、専門スキル保有している人材の評価が高い

 

日系企業に強い転職エージェント、外資系企業に強い転職エージェントに分かれる

転職エージェントによって、紹介してくれる求人案件が日系企業に偏っていたり、外資系に偏っていたりと分かれます。

上記はこれまで外資系に特化して海外の現地企業とネットワークを広げてきたか、あまり広げられていないかによります。外資系企業に勤めたい方への個人的なおすすめは、ロンドン発祥で海外に多くの拠点を持つJACリクルートメントです。

転職エージェントとの初回面談時に外資系企業に就職したい旨を伝えておけば、自ずと外資系企業を中心に紹介してもらえるのですが、英語力が不足していたりすると日系企業の紹介も増えてくるというカラクリです。

年収、学歴を必ずみられる

キャリアアップを目指しての転職活動となる場合、前職もしくは現職の年収と学歴は必ずチェックされます。(外資系企業の場合は特に)

場合によっては、第二新卒は求人案件の紹介数が少ないという声も聞きます。※第二新卒も海外就職自体は可能です。こちらの記事にまとめております。

年収、学歴が高いと就職活動に有利になります。

マネジメント経験、専門スキルを保有している人材の評価が高い

言わずもがなですが、前職もしくは現職でマネジメント経験がある人材、特定・専門スキルを保有している人材の評価は高いです。

採用する企業側にとって、応募者が上記のスキルを保有しているだけで即戦力になる人材となる可能性が格段に高まるからです。

海外の高級寿司レストランで、英語が話せない日本人(スキルあり)が好待遇で採用されるカラクリと同じです。

【まとめ】海外エージェントは最大限活用すべき(複数社登録可)

エージェント活用の写真

海外就職を決めたならば、海外転職エージェントを最大限活用すべきです。特に初めての海外就職の場合、メリットの方が大きいので強くおすすめします。(※複数社登録して問題ないです。)

海外エージェントを最大限活用するポイントは以下3つとなります。

  1. 登録したら、初回面談に参加してみる。
  2. キャリアアドバイザーを最大限利用する。
  3. 希望業界、希望職種、希望年収の条件を曲げない。

上記のポイントは非常に大事です。詳しくはこちらの個別記事にまとめてます。

>>海外で通用するキャリアが欲しい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

転職エージェントの写真

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某IT企業勤務(福岡)の南国好きサラリーマン。 2021年1月~シンガポール就労に向け準備中。 南国生活GETまでのリアルを当ブログにて発信中。 英語学習、海外旅行が大好きです。