【早く会社を辞めたい】低費用で確実に退職する方法を徹底解説!

確実に会社を辞める方法の写真
Kyon
こんにちは、2021年からシンガポール(現地採用)で働くKyonです。

「今すぐに会社を辞めたい。」

このような悩みを抱えつつも、なかなか会社を辞められない人は多いと思います。

会社を辞められない理由は、会社が人手不足だったり、上司に止められたり、様々な理由や事情が考えられます。

そんな悩みを全て解決してくれるのが、自分の退職手続きを全て業者に任せることができる「退職代行サービス」です。

本記事では、日本の会社を辞めて、2021年から海外で働く筆者が「低費用で確実に会社を退職する方法」を解説します。

今すぐに会社を辞めたいのに、いろんな事情があって、なかなか会社を辞められないという方は、ぜひお読みください。

早く会社を辞めたくなる原因は?

会社を辞めたくなる原因の写真

今すぐに会社を辞めたくなる原因は、主に以下3つが考えられます。

①労働時間が長い
②人間関係が悪い
③給料が低い

1つずつ解説していきます。

労働時間が長い

1つ目は、「労働時間が長いこと」が挙げられます。国が働き方改革を謳っているいますが、未だに労働時間が長い会社は結構あります。

平日は終電まで仕事をする、休日は疲労回復のため寝溜めをする生活を送っている人は、身体的にも精神的にもやはりダメージが大きくなります。

働きたい気持ちはあるけど、体力的に限界を迎えると会社を辞めたくなります。

人間関係が悪い

2つ目は、「人間関係が悪いこと」が挙げられます。職場には、色々な人が集まります。

職場は色々な人と一緒に過ごす時間が長いため、些細なことが重なってストレスが溜まることが多いです。

筆者自身、時に人間関係を良くすることにしんどさを感じることもあります。

給料が良くても、人間関係が悪ければ、会社を辞めたくなります。

給料が低い

3つ目は、「給料が低いこと」が挙げられます。どんなに好きな仕事でも、給料が低いとモチベーションが下がっていきます。

そして厄介なのが、普通に生活していると、同級生や周囲の人々の給料情報が入ってきたりします。

そんな時に隣の芝が青く見えて、ふいに会社を辞めたくなる瞬間が訪れます。

会社を辞めたいなら、いつでも辞めていい理由

法律の写真

会社を辞めたい人は、いつ辞めても全く問題ありません。

日本の憲法22条では、「職業選択の自由」が定められており、会社の退職に関する決定権は個人の手に常に委ねられています。

つまり、個人の退職する意思決定を上司や同僚など他人に止められる筋合いはないということです。

とはいえ、多くの日本人が「今すぐ自分が会社を辞めると、周囲に迷惑がかかる。」と考えてしまいがちです。

しかし、人手不足は基本的に会社側に責任があるため、気にしなくて大丈夫です。

自らが退職することにより、いくら会社に迷惑をかけようと、法律上は個人に会社を辞めるタイミングの決定権があるということです。(もちろん理想の形は、事前に会社側に退職の意思を伝え、余裕を持って退職することではあります。)

しんどい会社生活から抜け出す3つの方法

抜け出す写真

しんどい会社生活から抜け出すためには、以下3つが効果的な方法です。

①新しいことを始める
②部署異動を志願する
③転職活動を行う

それぞれ解説していきます。

新しいことを始めてみる

しんどい会社生活を打開するために、新しいことを始めてみましょう。

例えば、ジムに通ってみたり、地域のクラブ活動に入部してみたり、会社以外のコミュニティに所属することをおすすめ。

新しいことを始めてみると、精神的に余裕が生まれて、普段の仕事が楽に感じるかもしれません。

部署異動を志願する

しんどい会社生活を打開するために、部署異動を志願してみましょう。

どの会社においても、人事部は適切な人材配置をする役割を担っています。このまま仕事を続けられないと感じたら、思い切って人事部に異動の相談をしましょう。

もし異動が叶わなかったら、次の就職先を探し始めて問題ありません。

転職活動を行う

しんどい会社生活を打開するために、転職活動を始めましょう。

転職活動を行うことで、今まで見えこなかった選択肢を発見することができます。

「今の会社にいないといけない。」という考え方から一度解放されると、精神的な余裕が生まれます。

今の会社で給料をもらいながら、転職活動を始めることをおすすめします!

人生には逃げの戦略が大切(合わない会社は早く辞める)

逃げる写真

長い人生において、「逃げの戦略を持つこと」が大切です。現代は人生100年時代と言われており、これまでの働き方や終身雇用制度までもが崩壊している時代です。

様々な働き方があるのに、同じ会社に留まり続けるのはもったいないです。自分が心地よく働ける会社、自分が楽しく働ける会社は世の中にいくらでもあります。

しんどいと思ったら、いつでも逃げれるように、日頃から様々な選択肢を模索しておくことが大切な考え方です。

筆者の場合、日本の会社で働くことがしんどく感じたので、「海外就職」という選択をしました。筆者が海外就職、海外移住を決断をした理由については、こちらの記事で詳しく解説しています。

南国移住の写真

【保存版】20代後半の僕が海外(南国)移住を決断した6つの理由

05/17/2020

早く会社を辞めたい人が確実に退職する方法

オフィスの写真

会社を辞めたい時って、オフィスに足を運ぶことすらしんどいですよね。理由は、上司に会社を辞める旨を伝えることを機に、止められたり、人事の相談が入ったり、長い退職手続きが始まるからです。

早く会社を辞めたい人が確実に退職する方法として、「退職代行サービス」を活用することをおすすめします。

退職代行サービスなら、弁護士のサポートで、未払残業代、有給取得を含む給料の請求をスムーズに行うことも可能です。

退職代行サービスを利用することで、会社に行くことなく確実に退職できます。

低費用、早く、確実に退職するなら、退職代行ガーディアン!

退職代行ガーディアンの写真

今回は、「低費用で確実に会社を退職する方法」について解説いたしました。

低価格で確実に、そしてできる限り早く退職したいなら、まず使いたいサービスが【退職代行ガーディアン】です!

東京都労働委員会認証の合同労働組合による運営で、簡単低費用確実を強みにしている退職代行サービスです。

全国即日対応可能で、スピード感を持って相談に乗ってくれるのが最大の特徴です。

サービス利用料金は、正社員・アルバイト・パート一律で29,800円。(追加料金は一切発生しません。)退職が完了するまでは、LINEと電話にて回数無制限で対応してくれるため安心感、安定感もあります。

会社に辞めることを言いづらい人にとっては、「たった3万円以内で退職できる。」というのは、すごくコスパが良いサービスだと思います。

確実に会社を辞める方法の写真