日本語教師の英語力はどのくらい必要?海外で働くためには?

日本語教師の英語力
Kyon
こんにちは、2021年からシンガポール(現地採用)で働くKyonです。

「海外で日本語教師として働きたいんだけど、英語力はどのくらい必要なの?」

結論から申し上げると、日本語教師になるために「英語力は必須のスキルではない」ですが、「ある程度英語力がある方が働きやすい」という傾向があります。

なぜなら、日本語(外国語)を外国人の生徒に教える立場として、教師がある程度英語スキルがある方が、やはり生徒に教師としての権威性を示すことができるからです。

本記事では、2021年からシンガポールで働く筆者が「日本語教師の英語力はどのくらい必要?」についてどこよりもわかりやすくご紹介いたします。

一般的な職種で海外就職を目指したい方は、こちらも参考にしてください。
海外就職に必要な英語力

海外就職に必要な英語力と効果的な英語学習法とは?【経験者直伝】

10/22/2020

さきに結論から申し上げると、あなたに英語力・英語スキルがなくても、海外で日本語教師として働くことはできます。

あなたが日本語のネイティブスピーカーであれば、英語スキルに関する特定の資格を持っていなくても、海外で日本語教師として働くことができます。

ちなみに海外で日本語教師として働くために教員免許等の資格も必要ありません。

しかしながら、全く日本語がわからない外国人の生徒に対して、日本語だけで日本語を丁寧に教えるというのは、やはりハードルが高いことだと思います。

そのため、日本語教師として「生徒とコミュニケーションが取れるくらいの英語力」は、最低限身につけておきたいです。

また日本語を学ぶ生徒からみても、日本語以外の語学を話せない日本語教師の場合は、外国語を話せない教師から外国語を学んでいるというギャップから、教師自身の権威性が低くみえてしまいます。

日本語教師になる上でスキルとしての英語力は不要ですが、「生徒とコミュニケーションが取れる英語力」を身につけておいた方がやはり安心できるはずです。

日本語を学ぶ外国人生徒に対して、「どのように日本語を教えていけばいいのだろう?」と感じる方は、「日本語教師養成講座」を受講してもいいかもしれません。

>>日本語教師養成講座の無料説明会

どこで働くかによって、日本語の教え方が異なる

海外の写真

あなたがどの国で日本語教師として働くかによって、日本語の教え方が異なります。

日本語教師には、働く国に応じた、主に2つの日本語の教え方が存在します。

日本語の教え方
・直接法
・間接法

1つずつ紹介していきます。

直接法

まず日本語でそのまま日本語を教えることを「直接法」と言います。

あなたが日本国内や東南アジアで日本語教師として働く場合は、直接法で日本語を教えることが圧倒的に多いはずです。

間接法

次に日本語以外の言語で日本語を教えることを「間接法」と言います。

生徒の第一言語やあなたが働く国の言語に応じて、日本語を教えます。

あなたが英語圏で日本語教師として働く場合は、間接法で日本語を教えることが圧倒的に多いはずです。

国内で日本語教師として働く場合、英語力は求められない

英語上級者の定義の写真

日本国内で日本語教師として働く場合、英語力は求められないことが多いです。

しかしながら、生徒によりわかりやすく日本語を教えるために自己研鑽として英語力を高める教師も一定数いらっしゃいます。


日本国内で日本語教師として働く場合は英語力はそこまで必要ありませんが、海外で日本語教師として働く場合はある程度英語力がある方が良いといえます。

将来的に海外でも日本語教師として働きたい場合は、今のうちから英語力を高めておいた方が、将来の自分のためになります。

>>スタサプENGLISHで英語力を磨く

海外の日本語教師は、どのくらいの英語力が必要?

日本語教師の写真

あなたが海外で日本語教師として働くにあたり、やはり「日常英会話レベルの英語力」はある方が間違いないです。

前述の通り、海外で日本語教師として働く場合に英語力は必須スキルではないです。

しかし、日常英会話レベルの英語力がある方が生徒と十分にコミュニケーションが取れますし、あなたの”日本語教師としての仕事の幅”も大幅に広がります。

日本語教師が英語を話せるメリット
・生徒とコミュニケーションが取れる
・仕事の幅が広がる
・英語力が向上する
・外資系企業にも転職しやすい

普段から積極的に英語を使うことで、生徒だけでなく職場の同僚とのコミュニケーションも円滑になり、あなた自身の英語力も向上することができます。

また今後日本語教師以外の職種を考えている方は、日本語教師として働きつつ英語力を高めることで、他の職種にも転職できるキャリアとしての可能性も出てきます。

実際に筆者には、元々日本語教師として働いていて現在は外資系企業の営業マンとしてバリバリ活躍している友人がいます。

これから海外で日本語教師を目指している方は、海外で日本語教師になる前にまずは「日常英会話レベルの英語力」を磨いておくことをおすすめします。

外資系運営の日本語学校は、英語スキルが必須

余談ですが、外資系企業運営の日本語学校は英語スキルが必須のところが多いです。

応募条件によっては、TOEIC800点以上の英語スキルが求められる場合がありますし、時々選考期間の面接などであなたの英語力が測られる場面もあります。

外資系企業運営の日本語学校で働くためには、「英語力が必要な場合が多いこと」を頭の片隅に入れておきましょう。

【まとめ】英語力がある方が日本語教師としての幅が広がる!

コミュニケーションの写真

今回は、「日本語教師の英語力はどのくらい必要?」についてご紹介してきました。

海外で日本語教師として働くために基本的にスキルとしての英語力は不要ですが、ある程度英語力がある方が、あなたの日本語教師としての仕事の幅が広がります。

特にあなたが英語圏で日本語教師をする場合には、同僚と英語でコミュニケーションを取る機会も増え、生徒と英語でコミュニケーションを取る機会も増えるため、普段から英語を使える方が絶対にいいです。

海外で日本語教師として働く際は、中学や高校の教員免許も必要ありません。

これから海外で日本語教師を目指す方は、まずは日本国内で英語の基礎・基本である”語彙力”を磨きながら、スキマ時間などで英語力を高めておくことを推奨します。

現在の筆者も愛用中のリクルートの英語学習アプリ「スタディサプリENGLISH」なら、スキマ時間で効率よく日常英会話レベルの英語力を磨くことができます。

3ヶ月間ほど「スタディサプリENGLISH」で英語学習を継続すれば、必ず日常英会話レベルの英語力が身につくはずです。

今のうちからできるかぎり英語力を高めておいて、将来的には海外でも日本語教師として働ける準備をしておきましょう。

日本語教師の英語力