【海外と日本の違い】営業マンの僕が意識している3つのこと

海外と日本の営業の違い
Kyon
こんにちは、2021年からシンガポール(現地採用)で働くKyonです。

「海外で営業マンとして働くのは大変じゃないの?よくやっていけるね。」

よくこんなことを友人から聞かれます。僕の答えはシンプルで「大変」です。

しかし、海外で営業マンとして働く筆者は普段から「たった3つのこと」を意識しているので、しんどいと思う場面があっても、何度でも乗り切ることができます。

要は自分中であらかじめ仕事中のポリシーを決めているので、なんだかんだ異国の地で営業マンとして充実した日々を送ることができているということです。

本記事では、2021年からシンガポールで働く筆者が「海外で営業マンとして働きながら意識している3つのこと」を紹介します。

これから海外で営業マンとして働きたいけど勇気が出ないという方は、ぜひ本記事を参考にしていただきたいです。

ちなみに2021年からシンガポールで働く筆者は海外就職支援に強い「JACリクルートメント」に登録し、無事にシンガポールで就職をすることができました。

>>JACリクルートメントに無料登録する

海外で営業マンとして働くことを決めた最大の理由

海外の営業マンの写真

筆者が海外で営業マンとして働こうと決めたきっかけは、「英語を活用して、仕事をしたい。」と思ったからです。

もちろん日本国内で外資系企業に転職し、英語を使いながら仕事をする環境はいくらでも作れますが、「異国の地で新たな挑戦をしたいこと」が根幹にありました。

また世界中のどこの国でも働くことができれば、今後ビジネスマンとして何も困ることはないとも考えておりました。

日本国内でも営業マンとして約4年間勤めましたが、「仕事の選択肢を広げたい、可能性を広げたい」という思いがあり、海外現地の営業職を目指すことにしました。

人生で初めての海外就職なので、もちろん不安な気持ちはありましたが、それを大きく上回るくらいのワクワク感を止めることができませんでした。

これまでの人生でも何か大きな決断をする時は、まず「コンフォートゾーン(快適な空間)を抜け出すこと」を意識しており、筆者にとっては海外就職もその一つでした。

また好きな国で暮らしながら働くというライフスタイルにも憧れており、若いうちに実現したい思いもありました。詳しくは、こちらの記事で紹介しています。

20代後半の海外移住

20代後半の僕が海外(南国)移住を決断した6つの理由【本音】

05/17/2020

海外と日本の営業の違い

営業マンの写真

海外と日本の営業の大きな違いとして、「ツールの使い方」が挙げられます。

日本では営業活動で「ツールを補足的に使う」のに対し、海外では「ツールに合わせて営業を行う」傾向が強いです。

具体的には、日本では「自作の資料を見せながら、商品を購入いただく」のが基本の申込プロセスですが、海外では「CRM(顧客管理)に蓄積されたデータを元に、商品を購入いただく」申込プロセスが多いです。

このように「営業販促ツールを上手く活用して営業活動を行っているか。」が海外と日本の営業の大きな違いだと思います。

また日本では未だに対面式の営業や接待などを重視する企業が多いです。一方で海外ではオンライン会議や定時帰宅など効率化を意識した営業活動が重視されます。

改めて言葉に起こすと、日本と海外では営業スタイルや営業の文化だったり、様々な違いがあることがわかります。

こちらでは2021年からシンガポール就職を果たした筆者が「海外で現地採用が決まるまでの流れ」についてまとめています。

シンガポールに現地就職

シンガポール現地就職までの3ステップ!【現地採用者が解説】

03/28/2020

海外で営業マンとして働く僕が意識している3つのこと

営業マンの写真

海外で営業マンとして働く筆者が意識していることは、以下の3つがあります。

海外で営業として意識していること
①同僚とコミュニケーションをとる
②目に見える成果をだす
③定時退社を目指す

1つずつ解説していきます。

同僚とコミュニケーションをとる

まず海外で働くということは、同僚のほとんどが外国人になるということです。

様々なバックグラウンドを持つ同僚と積極的にコミュニケーションを図ることで、普段の仕事への良い影響に繋がります。

仕事において人間関係は1番大切なことだと思うので、普段から同僚と積極的にコミュニケーションをとるようにしています。

目に見える成果をだす

海外の企業は、「成果主義」の傾向が強いです。営業としてのパフォーマンスが低ければ、それがそのまま低評価に繋がりますし、もちろん給料も下がってしまいます。

日本人としての強みを最大限に活かして、最大限のパフォーマンスを出す、目に見える成果を出すように心掛けています。

定時退社を目指す

筆者はシンガポールの外資系企業で働いていますが、基本的に海外の会社は定時で退社する人がほとんどです。

これまで日本の会社では遅くまで仕事をすることが多かったので、なおさら海外の定時退社が魅力的だと感じています。

定時退社後は、自分の時間を過ごしたり、家族と過ごしたり、平日でも定時後の自由な時間を満喫する人がほとんどです。

筆者も海外就職を機に自由な時間で新しいことに挑戦する機会が増えたので、日頃からなるべく定時退社を目指しています。

海外で営業マンとして働く場合は、常に上記3つのことを意識しつつ働くことで、概ねうまくいくことが多いと思います。

アジア就職のエージェント

【決定版】アジア就職でまず登録したい転職エージェント3選

12/14/2020

海外で営業マンとして成果を上げれば、世界中で活躍できる!

海外の写真

今回は、「海外で営業マンとして働きながら意識している3つのこと」について詳しくご紹介してきました。

海外で営業として意識していること
①同僚とコミュニケーションをとる
②目に見える成果をだす
③定時退社を目指す

海外で営業マンとして働くことは大変なことですが、日本では決して経験できないことを経験できる可能性が高いです。

これから海外で営業マンとして働くことを検討中の方は、今後どんなことを意識して、どんなことを大切にして働くべきかを事前に決めておくことを推奨します。

海外で営業マンとして成果を出すことができれば、あなたの働く場所は世界中に広がります。日本中を探しても世界で働ける人材はなかなか見つからないので、一緒に希少な存在を目指していければ嬉しいです。

世界中で活躍できるビジネスパーソンになるために、海外で営業マンとして働くことを検討していきましょう。

こちらでは、「海外就職で持っておきたい3つのスキル」について紹介しています。

海外就職のスキル

海外就職で求められる3つのスキル【転職エージェント直伝】

10/31/2020
海外と日本の営業の違い

ABOUTこの記事をかいた人

某IT企業勤務(福岡)の南国好きサラリーマン。 2021年~シンガポール就労に向け準備中。 南国生活GETまでの過程を当ブログにて発信中。 英語学習、海外旅行、草野球が大好きです。