スピーキング力が伸びない!話せる英語学習のコツ

英語を話す人の写真
英語学習者
スピーキング力が伸び悩んでて辛い。。。

こんな悩みに答えていきます。

日常的に英語を使う機会が少ない日本人にとって、スピーキング力を伸ばすことって大変ですよね。

本記事では、スピーキング力を伸ばす英語学習のコツをお伝えします。

悩んでいる人の写真

話す機会がない

スピーキング力が伸びない原因の1つ目は話す機会がないこと

話す機会がないと、スピーキング力が伸びることはありません。

赤ちゃんが日本語を話しながら、何度も間違えながら、話す力をつけていくように。

英語を話す機会がない場合は、スピーキング力は停滞もしくは低下のどちらか。

話す相手がいない

スピーキング力が伸びない原因の2つ目は話す相手がいないこと

話す相手がいないと、英語学習の楽しさを味わうことができません。

英語を話す相手がいるということは、英語をアウトプットする機会が増えるということ。

スピーキング力が伸びないのは、周囲に英語を話す相手がいないから。

練習方法を間違っている

スピーキング力が伸びない原因の1つ目は練習方法を間違っていること

例えば、アウトプットの方法としてシャドーイングがありますが、単語や英文の意味を理解せずに発声していないでしょうか?

ただ単にあとから発生しているだけでは、何の効果も期待できません。

スピーキング力が伸びていない原因が練習方法にないか、見直してみましょう。

話せる英語学習を行う3つの考え方

3つの考え方の写真

アウトプットのためのインプットが重要

日本人が英語を話せないのは、インプットに偏った英語教育が行われるから

英語を話せるようになるには、インプットだけではなく、アウトプットの学習も必要

とはいえ、頭の中にインプットされていない英語はアウトプットできるはずはないので、これまでインプットしてきた学習が無駄になっているということはありません。

日本人はアウトプットの機会を増やすことを意識した方がいいです。

声に出すトレーニングが重要

英語を話せるようになるには、声に出すトレーニングが重要。

声に出すことは、自分自身に対して話しかける行為でもあります。

自分自身に対して話しかける行為は、リスニングの練習にも繋がるため一石二鳥

声に出すトレーニングの機会を増やしてみましょう。

読める英語レベルと話せる英語レベルは違う

読める英語と話せる英語は、全く異なるもの。

日本人は試験の読解問題などは回答できるが、読解問題と同じレベルの英語面接では話せないというケースが多いです。

英語を読む力はあるけれども、英語を話す力には限界があるということ。

英語を話せるようになるには、自分の知っている語彙・文法を上手く組み合わせる力が必要。

相手にわかりやすく伝える力をつけていきましょう。

英語をアウトプットする機会を増やす

アウトプットする人の写真

話せる英語を身につけるためには、英語をアウトプットする機会を増やすことが近道

現代は非常に便利で日本にいながらおうちにいながら英語をアウトプットする機会を作れます。

お金をかけて海外留学に行かなくても英会話教室に通わなくても大丈夫

コスパ良く、英語をアウトプットする機会を作っていきましょう。

スピーキング力を伸ばすに便利なサービスは?

パソコンの写真

スピーキング力を伸ばしたいなら、便利なサービスは「ベストティーチャー 」です!

全国に約580校展開する予備校を運営するあの代ゼミグループが提供するサービスとあって、10代〜40代まで幅広い世代から支持を受けているサービスです。

大手英会話教室は1レッスンあたり5,000円〜17,000円が相場ですが、ベストティーチャーは月額12,000円〜16,500円です。

しかも驚くべきは、月額12,000円〜16,500円だけで世界50カ国以上のネイティブスピーカーと好きな時間に何回でもスピーキングレッスンができるのです。

僕は月に10回ほどスピーキングレッスンをしているのですが、インターネット環境さえあればいつでもどこでも受講可能なため、たいへん便利で、そしてコスパ良く感じております。

英語をアウトプットする機会をとことん増やしたい人には、ぴったりのサービスです。

>>自分が話したいことが明確ならベストティーチャー(Best Teacher)

英語を話す人の写真

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某IT企業勤務(福岡)の南国好きサラリーマン。 2021年1月~シンガポール就労に向け準備中。 南国生活GETまでのリアルを当ブログにて発信中。 英語学習、海外旅行が大好きです。