マレーシアの高級コンドミニアムの3つの魅力、購入価格も紹介!

KLのコンドミニアムの写真
Kyon
こんにちは、2021年からシンガポール(現地採用)で働くKyonです。

「マレーシア移住を検討しているけど、実際の住み心地ってどうなんだろう?」

一般財団法人ロングステイ財団によると、マレーシアは13年連続(2006年〜2018年)で日本人が住みたい国ランキングで【世界No.1】に選ばれています。

マレーシア移住が人気な最大の理由は、日本より安い生活費で日本より高い水準の生活ができること。その他、年中温暖な気候、英語が公用語、親日国家などたくさんの魅力があります。

本記事では、2021年からマレーシアのお隣の国、シンガポールの外資系企業で働く筆者が「マレーシアの高級コンドミニアムの3つの魅力」について解説いたします。

今回は、2019年10月に筆者が実際に宿泊した「E&Oレジデンス」に関するレビュー記事となっております。

これからマレーシア移住を検討している方は、ぜひ読んで頂けると嬉しく思います。

マレーシアの高級コンドミニアム「E&Oレジデンス」とは?

今回筆者が宿泊した「E&Oレジデンス」は、マレーシア証券取引所のメインボードに上場するE&O社が運営しています。

E&O社は、これまでKLやペナン島で数々の高級物件のプロデュース実績があり、マレーシア国内の不動産開発の優良企業として、高い評価を受ける、マレーシア国内では有名な企業の一つです。

日本最大の不動産開発企業である三井不動産販売株式会社とも、マーケティング提携を結ぶ実績があります

マレーシアの高級コンドミニアム「E&Oレジデンス」の3つの魅力

E&Oレジデンスの写真

マレーシアの高級コンドミニアム「E&Oレジデンス」の魅力は、主に以下の3つです。

都心からアクセス抜群
とにかく広い
とにかく安い

それぞれ詳しく解説していきます。

都心からのアクセス抜群

マレーシアの銀座と呼び声の高いKLCCまで徒歩10分のアクセスです。更には、クアラルンプール随一の繁華街ブキッ・ビンタンも近くに位置しています。

ブキッ・ビンタンは、開放的な野外で食事をとれる中華街や朝まで営業しているバー、ナイトクラブが立ち並びます。

終電を気にせずに朝まで遊びたい人には、特にオススメのロケーションです。

とにかく広い

上記の写真の通り、100平米以上の部屋で開放感があり、非常に広く快適でした。

広いリビングに加え、オープンキッチン、書斎、ベランダ、バスルーム、更に部屋を出ると、マッサージ室や開放的なプール、ジムがありました。

ベランダからは、クアラルンプールの象徴であるツインタワーも見えました。そして、長期滞在者に嬉しい大きなドラム式洗濯機も装備されてました。

友人を招いて、夜な夜なパーティーを開くと、楽しくないはずがありません。

とにかく安い

今回の宿泊費用は、3泊4日で約4万5,500円(1,750RM)でした。(※2019年5月時点)

今回は、現地の友人含め計4名で宿泊したので、1人あたりの宿泊費用は約3,787円(145RM)/泊でした。友人がワイングラスを一つ割ってしまったのですが、グラスのペナルティ料は省きますw

今回はBooking.com経由で予約をしましたが、とにかく安すぎました。短期滞在をする場合は、ホテルより高級コンドミニアムに宿泊する方がコスパが良いですね。

マレーシアまでの海外航空券も安く購入したいという方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

海外航空券の購入方法の写真

たった3ステップで海外航空券を安く購入する方法を丁寧に解説!

06/15/2020

マレーシアの高級コンドミニアム「E&Oレジデンス」の購入価格は?

マレーシアの高級コンドミニアム「E&Oレジデンス」の購入価格は、約5,040万円(2,100,000RM)。(※2020年5月1日時点)

「E&Oレジデンス」の最新の購入価格は、こちらから確認することができます。

仮に日本で購入すると、3億円以上はする物件なので、非常にお値打ちです。とはいえ、今の筆者の貯金だと当分購入できないので、1万RMが貯まった時に購入を検討することにします。(外国人の購入できる条件は、1万RM以上の物件の規制あり。)

マレーシア移住検討者にコンドミニアム購入はおすすめ!

高級コンドの写真

今回は、「マレーシアの高級コンドミニアムの3つの魅力」についてご紹介しました。

日本人の移住先として、人気のマレーシアには、数々の魅力的な高級コンドミニアムがあります。

日本よりもお得に購入することができて、住むにも快適なマレーシアのコンドミニアム。例えば、こちらは同じくブキッ・ビンタンの新規物件ですが、約3,000万円以下でハイクオリティーです。

個人的には、日本で3,000万円で一軒家を建てて生活するより、マレーシアでコスパの高いコンドミニアムを購入して生活する方がお得な気がします。

今回、筆者が宿泊の予約で使ったのは、Booking.comでした。Booking.comなら、短期滞在用に「世界中の魅力的でお得な物件」を簡単に見つけることができます。

Booking.comの専用サイトで予約して、Booking.comカードで宿泊料金を支払うと、宿泊料金100円あたり5ポイントが付与され、次に旅行する先でポイントで支払うこともできるので、大変お得だと思います。

今後マレーシアへ移住を検討されている方は、ぜひ一度マレーシア旅行中にコンドミニアムに短期滞在して、購入まで検討されてみてはいかがでしょうか?

KLのコンドミニアムの写真