年収を上げたいエンジニアが今すぐ英語を学ぶべき3つの理由

エンジニアが英語を学ぶ
Kyon
こんにちは、2021年からシンガポール(現地採用)で働くKyonです。

「ITエンジニアとして年収を上げるなら、英語を学んだ方が良いの?」

現在ITエンジニアとして働いていて、「年収が低い」と感じる方の中には、このように考える方が一定数いらっしゃるはず。

さきに結論を申し上げると、ITエンジニアが英語を身につけたら、かなり高い確率で「年収を上げること」ができます。

英語を身につけたITエンジニアが年収を上げることができる主な理由は、

・世界的にITエンジニアが枯渇している
・英語ができるITエンジニアは希少

などが挙げられます。

特に日本国内のITエンジニアは海外のITエンジニアよりも年収が低いです。

あなたがこれからITエンジニアとして年収を上げつつキャリアアップをしていきたいなら、今すぐに英語を学ぶべきです。

本記事では、「年収を上げたいITエンジニアが今すぐ英語を学ぶべき3つの理由」について詳しくご紹介いたします。

今後ITエンジニアとして年収を上げるために英語を学ぼうと考えている方に、ぜひ読んでほしい内容になっております。

あなたがITエンジニアとして、確実に年収を上げたいなら、まず登録したい転職エージェントは「レバテックキャリア」です。

>>レバテックキャリアに無料登録する

英語ができるエンジニアの年収が上がる理由

英語ができるエンジニアの写真

英語ができるITエンジニアの年収が上がる理由は、主に以下2つが挙げられます。

英語×エンジニアで年収が上がる理由
・世界的にITエンジニアが枯渇している
・英語ができるITエンジニアは希少

世界的にITエンジニアが枯渇している

現代においては、日本に限らず世界的にITエンジニアの数は枯渇しています。


なぜなら、現代が世の中の全てのモノがインターネットに繋がる時代、「IoT」時代に突入し、人々の生活にインターネットが不可欠な存在になっているからです。

現代において生活にインターネットが欠かせない存在になった以上、これからも世界中でITエンジニアの仕事は増え続け、全体的に年収が上がりやすくなります。

英語ができるITエンジニアは希少

日本国内において、英語ができるITエンジニアの数は少ないと言われています。


人材が枯渇していて需要が高い職種に+aで英語ができるようになると、自ずと希少性が増し、年収が上がりやすくなります。

またあなたが英語ができるITエンジニアなら、単純に働くフィールドを日本国内から世界中に広げることができ、年収アップの可能性も高まります。

あなたがエンジニアとして年収を上げたいなら、まずは英語を学ぶべき3つの理由!

英語学習の写真

エンジニアとして年収を上げるために、英語を学ぶことは最も効果的な方法です。

その理由は、主に以下3つになります。

エンジニアが英語を学ぶべき理由
・世界中の企業で働ける
・最新エンジニア情報は英語で発信
・市場価値が高くなる

それぞれ解説していきます。

世界中の企業で働ける

ITエンジニアとして英語を身につけると、あなたの仕事場が世界中に広がります。

特に外資系企業のITエンジニアは、日本企業のITエンジニアと比較して、概ね「平均年収が高い」というデータがでています。

こちらでは、「ITエンジニアが海外転職におすすめな理由」について詳しく解説しており、年収についても触れています。

ITエンジニアの海外転職

ITエンジニアが海外転職すべき3つの理由!【年収アップ?】

06/12/2020

最新エンジニア情報は英語で発信

ITエンジニアとして英語を身につけると、他の日本人ITエンジニアよりも早くエンジニアに関する最新情報を取得できます。

 
最新のエンジニア情報は、海外から発信されることがほとんどです。英語ができることで仕事の幅が広がり、年収も上がりやすくなるというロジックです。

市場価値が高くなる

日本国内のITエンジニアに目を向けると、英語ができるITエンジニアは少ないです。

日本国内の大多数のITエンジニアと「英語力」で差をつけることで、市場価値が高くなり、年収も上がりやすくなります。

 

特にこれからグローバルに展開していきたい日本の大企業の求人案件などは、年収が高めに設定される場合が多いです。

海外でエンジニアとして働けば、年収は上がりやすい!

海外でエンジニアとして働くの写真

エンジニアが英語を身につけたら、「海外で働く」選択肢を取ることで、最も効率よく年収を上げることができます。

厚生労働省が発表の賃金構造基本統計調査(平成29年度)によると、日本全国のエンジニアの平均年収は550.8万円です。

一方でアメリカの場合は平均年収は約900万円、シンガポールの場合は平均年収は約600万円というデータがでています。

なぜ海外の方がエンジニアの平均年収が高いかというと、海外の方が”エンジニアの職種の地位が高い”ことに起因します。

IT技術が進んでいる海外の先進国では、これからの時代でITエンジニアが必要不可欠な職種という意識が強く、「エンジニアの社会的地位が高い」ことが多いです。

海外でも特に先進国で社会的地位が高い「ITエンジニア」という職種に就くことで、年収は上がりやすくなってきます。

海外就職に必要な英語力

海外就職に必要な英語力と効果的な英語学習法とは?【経験者直伝】

10/22/2020

エンジニアが英語を身につけたら、とにかく無双できる!

自由の写真

今回は、「年収を上げたいITエンジニアが今すぐ英語を学ぶべき3つの理由」について詳しく紹介してきました。

エンジニアが英語を学ぶべき理由
・世界中の企業で働ける
・最新エンジニア情報は英語で発信
・市場価値が高くなる

今後IT技術がますます進んでいく中で、ITエンジニアが英語を身につけたら、確実に仕事の幅が広がりますし、何より年収を上げるチャンスが大きくなってきます。

「ITエンジニア×英語」の両方のスキルを身につけておくと、今後のキャリアにおいても選択肢が広がり、人生も安定します。

「現状の給料に満足できていない」エンジニアの方は、今のうちから英語力を身につけ、高給取りエンジニアとしていつでも転職できるように準備しておきましょう。

もし日本国内でITエンジニアとして高給な仕事が取れなくても、働くフィールドを海外に移すことで年収を大幅にアップできる可能性を高めることができます。

あなたがこれからITエンジニアとして確実に年収とキャリアをアップさせていきたいなら、まず登録しておきたい転職エージェントが「レバテックキャリア」です。

エンジニアが英語を学ぶ