ハイスペックスマホRakuten Miniの便利な3つの機能

なんしよーと、KYONです。

海外旅行好きで頻繁に海外に行く人向け。

当記事では、2020年4月8日から自社回線の携帯電話サービスを始めた
楽天モバイルの初の自社端末のRakuten Miniついて解説します。

2020年4月8日に楽天モバイルは、NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクに続く、
大手携帯キャリア4社目としてサービス開始。自社で構築した回線でサービス提供をします。
格安キャリアと異なり、免許を与えられた電波をフルに利用できるようになります。

本記事の信憑性

当サイトでは海外旅行好きの僕が、海外旅行で便利なアイテムに関する情報を発信しております。

皆さんはこれまでの海外旅行時に現地のSIMを購入したり、SIM差替え作業をしたり、帰国時に再度差戻したり、面倒臭いと感じた経験はありませんか?今回の記事では、海外旅行時にSIM購入やSIM差替えの手間がかからない、旅行者に非常に便利なオススメのスマホ情報をお伝えします。

【最新版】Rakuten Miniの特徴

【最新版】Rakuten Miniの特徴

  • ⑴サイズが世界極小
  • ⑵FeliCa搭載
  • ⑶日本初のeSIMに対応

それぞれ詳しく解説します。

⑴サイズが世界極小

まずは圧倒的なサイズの小ささです。画面サイズは3.6インチで、
女性の手のひらに十分に収まる名刺サイズとなっております。
画面の端から端まで親指一つで届くので、片手操作が楽チンです。
解像度は1280×720でHDですが、画面サイズが小さいため、
画素密度は407ppi設計と画面の粗さは気にならないように調整がされています。

⑵FeliCa搭載

電子決済に便利なFeliCa対応をしています。
交通系のSuica、ID、QuickPayなどの電子マネーに対応してます。
現代はキャッシュレス時代に突入しており、ピッタリの機能を搭載しています。

Rakuten Miniはいつでも決済ができるので、お財布を持つ必要がありません。
ちなみに現在の僕はスマホのFeliCaを使うこともありますが、
マネークリップを保有することで現金をなるべく持ち歩かない生活をしています。

マネークリップに興味がある方はこちら

【最先端】マネークリップを持つべき3つの理由【海外旅行者向け】

(3)日本初のeSIMに対応

最後の特徴は、海外旅行好きには嬉しいeSIMに対応していることです。
eSIMとは、次世代SIM規格のことで、機種にSIMが埋め込みの設計となってます。
ユーザ自身がいつでも携帯電話情報を書き換えることができるので、
例えば、海外旅行時に現地のSIMカードを購入する必要がなく、
現地の携帯キャリア情報に書き換えを行い、現地のモバイル通信を利用できます。
楽天の三木谷会長によると、書き換え作業は約30秒で完了としています。

楽天モバイルeSIM

eSIMの詳細情報は上記に掲載があります。

【まとめ】Rakuten Miniは旅行好きにオススメ

超コンパクトボディーの上に必要十分な機能を兼ね備えた楽天モバイル初の自社端末はいかがだったでしょうか?今後の海外旅行でSIM購入・差替えがなくなる点は、海外旅行好きには堪らないメリットだと思います。下記がRakuten MiniのeSIM対応(現地SIM購入不要)をしている国一覧です。

楽天モバイルeSIM対応国一覧

日本人がよく旅行や移住する主要国は大凡対応しているかと思います。

Rakuten MiniのeSIMは月に2GBまで使える
eSIMは月に2GBまで利用可能なので、海外旅行者だけでなく、海外移住者にも便利です。
海外移住者の中にも、日本の電話番号を持ち続けたいという一定数のニーズはあります。
海外留学者やバックパッカーのような、移動の多い若い層にも高い需要がありそうです。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某IT企業勤務(福岡)の南国好きサラリーマン。 2021年1月~シンガポール就労に向け準備中。 南国生活GETまでのリアルを当ブログにて発信中。 英語学習、海外旅行が大好きです。