知らないと損!海外でも使える楽天モバイル端末について解説!

海外旅行者の写真
海外好き
海外でも使える楽天モバイル端末があるらしいけど、知ってる?
KYON
うん、海外旅行好きにはぴったりの端末を知ってる。これから説明するね!
2020年4月、満を持して大手携帯キャリアに参入した楽天モバイル
 
楽天モバイルが提供する端末の中に唯一の楽天独自の自社端末があり、現代にぴったりのボーダレスな使い方ができるスペックとなっております。
 
今回は、海外好きにオススメの楽天モバイルの自社端末について紹介いたします。

楽天モバイルってどんなサービス?特徴は?

楽天モバイルは、楽天モバイル株式会社が運営する移動体通信事業サービスのこと。
 
競合には、ソフトバンク、KDDI、 Docomoがおり、通信業界に風穴をあける存在、第4のキャリアとしてスタートしたばかりで世間の期待が集まるサービスとなっています。
 
現在、楽天回線エリアは大都市圏に始まり、徐々に拡大中。
 
現在は、300万名を対象にプラン料金を1年間無料で提供しています。
 
楽天回線エリア内であればデータ通信は無制限で、かけ放題もついてくる非常にわかりやすいサービスプラン(UN-LIMIT)1本勝負なのが最大の魅力。
 
楽天市場、トラベルをはじめ楽天グループの提供するサービスのヘビーユーザであれば、2年目以降の通信料金を楽天ポイントで支払い可能なのも外せません。

海外で使える楽天モバイル端末!内容と詳細を解説

Rakuten Miniスペック
端末 Rakuten Mini
端末料金 19,819円
月額料金 3大キャリアの約3分の1以下
容量 楽天回線エリア 制限なし(首都圏)
KDDI回線 月5GB(首都圏以外)
プラン 2,980円/月
※Rakuten UN-LIMIT2.0適用で1年間無料
通信速度 低速モード(1Mbps)でも十分使える
FeliCa/eSIM 対応
画面サイズ/重量 3.6型/79g
顔認証/防水 対応
 
目玉となる特徴はハンディーな点eSIM(埋め込み型SIM)に対応していること。

eSIMとは、次世代SIM規格のことで、ユーザ自身が携帯電話情報書き換え可能。

海外旅行時に煩わしい現地のSIMカード購入・差替作業が不要となります。僕のような海外旅行好きには堪らない端末スペックとなっております。

現地の携帯キャリア情報に書き換えを行い、現地のモバイル通信を利用可能。

Rakuten Miniを持ち込んでそのまま携帯を利用できる国は以下となります。日本人に人気が高い旅行先や移住先の対象となる主要国は凡そ対応しています。楽天モバイルeSIM対応国一覧
 
こちらの記事では、Rakuten Miniの便利な機能を解説しています。【最新版】超小型スマホRakuten Miniの便利な3つの機能【海外旅行好き】

楽天モバイル海外対応端末の総評

海外旅行者、海外生活者のメリット

  • 現地SIM費用がかからない
  • 現地SIM差替え作業が発生しない
  • 帰国しても日本の番号をそのまま使える
  • 小さくて軽いため、荷物としてかさばらない

海外旅行者、海外生活者のデメリット

  • 端末が小さすぎて、テキストの誤入力が頻発
  • 端末が小さすぎて、GoogleMapが見づらい

海外旅行時によく使うであろうMapが見づらい点は、確かにデメリットかもしれません。

日本である程度端末慣れをしたタイミングで渡航するか、旧スマホにテザリングし、利用するのが唯一の打開策でしょう。それでもメリットの方が大きいと思います。

楽天モバイル(UN-LIMIT)はこんな人にオススメ

  • 楽天経済圏での生活者(楽天ポイントが貯まる、ポイントで支払い可能)
  • 海外旅行好き(現地SIM購入不要、差替え不要)
  • 海外移住者(日本の電話番号を保有できる)
  • 毎月の携帯料金が高いと感じている人


以上のような方に楽天モバイル(UN-LIMIT)をオススメします。スマホの利便性向上コスト削減のどちらも叶えることができるサービス内容です。

RakutenMini(UN-LIMIT)の申込はこちら

SIMロックなし、契約期間なし、違約金なしのプランでRakuten Mini申込可能。※2年目以降の解約に関しても、利用期間の縛り・違約金はありません。

*端末のみの申込はこちらから

海外旅行者の写真

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某IT企業勤務(福岡)の南国好きサラリーマン。 2021年1月~シンガポール就労に向け準備中。 南国生活GETまでのリアルを当ブログにて発信中。 英語学習、海外旅行が大好きです。