シンガポール就労に必要なビザの特徴とは?

なんしよーと!KYONです。

先日にシンガポール現地就労の給料(手取り)

のお話をさせていただきましたが、今回は

その延長となるシンガポール就労ビザのお話です。

シンガポールで就労するためには

基本的に就労ビザを取得する必要があります。

就労ビザにはいくつか種類がありますが、

ほとんどの日本人はEPもしくはSパスと呼ばれる

2つのいずれかのビザを取得します。

それでは、早速2つのビザの違いをみていきましょう!

EP

Employment Pass(エンプロイメントパス)という名称です。

MGRレベル、あるいは専門力があるポジションが対象となります。

申請条件

■月給固定3,600SGD(28万8千円)以上

■大学卒業資格を持っていること(有名大学がベター)

■マネジメント力、専門力を持つポテンシャルが高いこと

年齢×大学=最低月給を計算するそうです。

ちなみに僕の場合は、最低月給4,050SGD(32万4千円)以上

という評価でした。人材エージェントに大学名は聞かれました。

Sパス

MGRレベル以下、専門力がないポジションが対象となります。

申請条件

■月給固定3,600SGD(18万4千円)以上

■大学卒業、専門学校、短期大学を卒業していること

EPと比較し、敷居が低いビザとなりますが、

Sパスは1社で採用できる人数に限りがあるため

取得しやすいとは限りません。

まとめ

僕は現在EPパスでのシンガポール就労を狙っております。

EPの場合、企業側が必要なタイミングで

募集を出すので、自分の興味のある企業と

マッチングする可能性が自ずと高まるからです。

(Sパスは企業側が無制限に人材を採用することができません。)

ちなみにシンガポール就労の選考期間は平均1カ月と言われています。

来年の転職に向けて、引き続き調査を進めていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です